坂田省吾

8 の用例 (0.00 秒)
  • この春ごろ、いつものように、坂田省吾が牛車を曳きながら、無駄話をしにきた。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • ジャンパーを着て、牛車で野菜を売って歩いていた坂田省吾に、こんな生活の面があるとは信じられないようなことだった。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • 苗木の谷の鉱業権を買ったという、坂田省吾のことよ。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • ファッション・モデルというものは、仕事があるたびに、契約書をとりかわすのか、というような話がでたとき、坂田省吾が、こんなことを言った。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • と聞きかえしているうちに、坂田省吾は二人のいるテーブルへやってきて、やあ、と無造作に頭をさげた。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • いくつも丸卓を置いた豪奢ごうしゃなホールの前景に、タキシードを着た坂田省吾が、神月と二人の外国人の間にはさまって、シャンパンを飲んでいるところがうつっている。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • 坂田省吾というのは、荻窪や阿佐ヶ谷のへんを清浄野菜を売って歩く、色の黒い朴訥ぼくとつな青年で、去年の夏ごろからの馴染みだった。 久生十蘭『あなたも私も』より引用
  • 有江曽太郎が氷川丸に乗る前夜、シアトルの新聞記者に語った談話の概要で、水上サト子に遺贈された三百五十万ドルに相当するウラニウム鉱山の鉱業権が、坂田省吾という山師の手に渡り、サト子と叔母の由良ふみ子が相続権の問題でゴタゴタしているところへ、在日の不良外人が介在して、受益権者の立場が危険に瀕している。 久生十蘭『あなたも私も』より引用