坂田池

全て 名詞
6 の用例 (0.00 秒)
  • なお、縄文時代には河口部のラグーンであったと推定される坂田池も房総導水路の調整池に利用されている。
  • 坂田池は縄文時代後期に砂州が延び海岸線が後退した頃、栗山川から流出する水が北東の海流に押され出口を失い河口の南西に作られたラグーンであったと推定されているが、栗山川水系の河川は丸木舟が多数発見されていることでも知られており、坂田池でも何艘か出土している。
  • なお1883年の大日本帝国参謀本部陸軍部測量局の迅速測量図「八日市場村」によると当時坂田池は現在の3倍ほどあったが、その後の埋め立てなどによって面積が減少した。
  • 周辺には、中台貝塚、鴻ノ巣貝塚、木戸場貝塚、牛熊貝塚など多くの貝塚があり、東側に縄文時代の丸木舟が多数発見されていることで知られた水系である栗山川と、南側にそのラグーンであったと推定される坂田池がある。
  • 坂田池を含めた総面積約21ヘクタールがふれあい坂田池公園として整備されており、園内には4万本を越えるサクラやツツジ、ハナミズキなどの樹木が植えられ、野鳥も訪れ気軽にスポーツなどが楽しめる施設となっている。
  • また南東側には、中台貝塚、鴻ノ巣貝塚、牛熊貝塚、山武姥山貝塚などの貝塚があり、縄文時代の丸木舟が多数発見されていることで知られた水系である栗山川と、そのラグーンであったと推定される坂田池がある。