坂田模型

24 の用例 (0.00 秒)
  • 坂田模型が登場した頃,共鳴粒子は限られた一部の現象にだけ見られるものであった。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 新聞は名古屋模型を,坂田模型以上に世界に向かって報道した。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • この結果は坂田模型を主張する強い根拠となった。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田チームが坂田模型の分析を続けているのを眺めていた彼は,どうもラムダが核子と違っている点よりも,むしろ似ている点のほうが多いように思えたのである。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田模型が登場してから二2年の歳月が流れていた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • これに気づいた時,坂田模型の研究者たちは再び原点にひき返さねばならなかったのだが,不幸にも誰もその機会をとらえられなかった。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 湯川の考える素粒子の構造よりも,もっと具体的な形でそれに立ち入ろうとするのが坂田模型である。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 一九六一1961年にこれが八道説として発表された時,坂田模型から生まれた対称性よりもすぐれているとは見えなかった。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田模型が軌道にのりはじめた頃,坂田チームはすでに次の課題にとり組んでいた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田模型が口火を切ることになったこのような量を扱う代数学,つまり対称性の理論が大流行しているが,それもこの問いに答えるものではない。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田模型から出発したIOOの対称性が日本で盛んになった頃,ゲルマンとネーマンは素粒子の別の対称性を明らかにしようとしていた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 同じ年の秋,坂田は学会ではじめて坂田模型を発表した。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 次々とあらわれてくる新種の素粒子を処理するために,坂田模型は素粒子を基本粒子とその複合物にわけた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 一九五六1956年に坂田模型が,一九六〇1960年には名古屋模型や中性微子模型が生まれた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • この素粒子の洪水につき当たった人々は,一方では素粒子の整理を望み,他方では次に何が見つかるかと期待し坂田模型を注目し始めた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田模型の基本粒子は混成部隊のようである。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田模型は、1960年代になってマレー・ゲルマンおよびジョージ・ツワイクによるクォーク模型へと発展し、実験との矛盾が解消された。
  • 坂田昌一が発表した坂田模型における対称性に関する沢田-米沢質量公式などの研究を行う。
  • これを坂田模型で考えると,基本粒子の陽子と中性子だけをいれかえると,複合物の素粒子もいれかわり,いろいろな素粒子のアイソ空間での性質が,基本粒子の入れかえということから簡単に説明できる。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • これらを元に、1955年に坂田昌一が坂田模型を発表し、大貫義郎らが、群論を使いSUモデルを示す。。
  • 次へ »