坂田栄男

34 の用例 (0.00 秒)
  • 最年長優勝は第29回の坂田栄男、最年少優勝は第49回の張栩である。
  • 翌年の第6期本因坊戦では、日本棋院新鋭の期待株坂田栄男が挑戦権を得た。
  • 翌年の第6期本因坊戦の挑戦者は日本棋院の坂田栄男七段となり、挑戦手合7番勝負は東西の緊張の中で行われた。
  • 昭和になって坂田栄男や石田芳夫らによって三々打ちが流行したが、位の高い攻撃的な布石が人気を集めるにつれて三々は徐々に少なくなった。
  • それに代わって碁界を制覇したのが坂田栄男である。
  • なお、囲碁のNHK杯戦では通算11回優勝の坂田栄男が名誉NHK杯の称号を保持している。
  • この頃に坂田栄男らを内弟子として育てた。
  • 坂田栄男とは多くのタイトル戦を戦ったが、その結果は坂田の14勝1敗と大差であり、天敵であったと言われるが、坂田からしても最も多くタイトルを争った棋士であり、その実力を高く評価している。
  • 橋本から本因坊を剥奪せよとの声もあった中、日本棋院は新鋭・坂田栄男を挑戦者として送り込んだ。
  • しかし呉清源は十番碁において1956年までに坂田栄男、高川格らも打ち込んで、めぼしい次の相手に困る状態になってしまった。
  • 後の坂田栄男評に「始めから終わりまで徹底的に戦い、いたる所で血の吹き出るような一局だった」「これほどまでに読み切っていない」とある。
  • 連覇したのは坂田栄男、依田紀基、結城聡の三人のみである。
  • 続く第6期の挑戦者決定リーグでも、3勝2敗で木谷実、坂田栄男と同率決戦となったが、坂田に敗れた。
  • 前期リーグからは坂田栄男七段、木谷實八段、長谷川章七段、藤沢庫之助九段の4名が上位だったが、藤沢は同年に始まっていた呉清源との十番碁及び四番碁に専念するために棄権し、リーグ戦は7名で行われることになった。
  • この記録を、囲碁界の天才坂田栄男名誉本因坊の、優勝回数六十六回と比べてみれば、いかに大山の勝ちっぷりがすごかったかがわかる。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 翌74年に再度名人挑戦して林を破り、坂田栄男、林に次いで選手権制史上3人目の名人本因坊となる。
  • 第1期は坂田栄男九段と杉内雅男八段が6勝2敗で同率となり、前年度順位で坂田が第1期最高位となった。
  • 翌年8月の最終局まで9勝2敗のトップを走っていたが、最終局で橋本昌二に敗れて9勝3敗となり、呉清源 - 坂田栄男戦の勝者とプレーオフとなると思われた。
  • 同年、第1期最高位戦リーグで、6勝2敗で坂田栄男と同率となるが、前年度順位により坂田が最高位となる。
  • 第6期本因坊戦は、第5期本因坊戦終了後の1950年に開始され、1951年4月から行われた橋本昭宇本因坊と挑戦者坂田栄男七段による七番勝負で、橋本が4勝3敗で本因坊位を防衛した。
  • 次へ »