坂田明

25 の用例 (0.00 秒)
  • 他の客から注文がつき、共産党委員長に就任した田中角栄も坂田明は演じる。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • かなりあとになって、私も坂田明の田中角栄を目撃している。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • 主要キャストにミュージシャンの坂田明や巻上公一を起用している。
  • 坂田明はテーブルのうえの醤油差しようゆさしを怒るのだった。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • などと坂田明がわめきだしたのである。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • このセリフはどこかで聞いたことがあると思ったら、南伸坊と坂田明の共同開発による田中角栄の物真似ものまねと同じだった。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 坂田明の魂の叫びはとまらず、小田急線に乗って新宿に着いても、階段で、地下道で、路上で続いたという。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • 催し前に人を募って下草刈りや会場の設営などを行い、サックスの坂田明などが来訪して野外コンサートを行っている。
  • しばらく遊び、河野典生と坂田明がチェイスをはじめた。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • タモリがいてハナモゲラ語で歌いまくるわ、坂田明がシュール童謡の語り弾きをするわ、小山彰太がヘラハリ和歌をよむわで、これにはまずおれが真っ先に受けているわけだから、率先してそそのかしていたということなのだった。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 悟郎の兄貴分の坂田明二は、組長が悟郎に跡目を譲るつもりでいることに焦り薬漬けにした悟郎の甥っ子の隆をそそのかし殺害を命じる。
  • これを機に、赤塚の交流は立川談志、荒木経惟、坂田明、篠原勝之、唐十郎など各界に広がった。
  • その頃から怪しげな言葉を喋るタモリとの付き合いで言語的混沌状態に陥っていた坂田明が、1976年2月11日に行なわれた河野典生宅の新築祝い「紀元節セッション」にて河野とのセッションの最中にぶち切れて急に叫び出したのがハナモゲラの誕生の瞬間である。
  • 中村誠一さんが辞めるので、坂田明に交代し1972年12月に山下洋輔トリオのメンバーとなり、一流バンドの凄さを思い知らされた。
  • のちに、中村誠一にかわって山下トリオヘ参加した天才アルトサックス奏者坂田明も、田中角栄の真似をした。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • 「ジャック」の常連には他に、長谷邦夫・山下洋輔・森山威男・坂田明・三上寛・長谷川法世・南伸坊らがいた。
  • このムーヴメントにはその後、阿部薫、藤川義明、翠川敬基、梅津和時、坂田明等が参加した。
  • この日、集まったのは山下洋輔、小山彰太、坂田明、ジェラルド・大下、奥成達、平岡正明などの面々であったという。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • 現在は「坂田明Trio」、「坂田明&chikamorachi」でのレギュラーユニットの活動と同時に、内外のミュージシャンとのフリー・セッションを行なっている。
  • サックス奏者の坂田明、前衛音楽家のジョン・ゾーン、フォークシンガーの三上寛、舞踏家の大野一雄といった幅広いジャンルのアーティストとのセッションや国内のみならず海外でのリリースおよび公演も積極的におこなっている。
  • 次へ »