坂田昌一

22 の用例 (0.00 秒)
  • 坂田昌一は物質の下部構造は無限に続くとする、無限階層論を提唱した。
  • この本をほぼ書き終わった頃,登場人物のなかでも最も重要な一人である坂田昌一先生の訃報に接しました。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田昌一らは、それらの粒子を複合粒子として理解するモデルを提唱した。
  • そこでまず坂田昌一氏の協力を得て第二論文をつくりあげ、次に武谷三男氏にも加わってもらって三人で第三論文をまとめ、さらに小林稔氏にも来てもらって四人で第四論文を仕上げた。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • 工学部に入学したが、3年生の時から、理学部の坂田昌一博士のところに出入りするようになり、物理学の研究者となった。
  • 坂田昌一により1946年に発表された凝縮場の理論を検討し、同グループの木庭二郎らがこの理論は誤りであると発表する。
  • しかも坂田昌一と谷川安孝はこれとは別の中間子も考えられることを示し、これは宇宙線の主成分として実証された。 片山泰久『量子力学の世界』より引用
  • 坂田昌一の「凝集力場理論」の検証において計算を間違えた責任を取って、丸坊主になったエピソードは有名である。
  • 湯川秀樹の『素粒子』、坂田昌一の『物理学原論』など枚挙に暇が無い。
  • 二年あまりたってアメリカのアンダーソンらが宇宙線中に中間子を発見したことは、確かに私を勇気づけ、坂田昌一、小林稔、武谷三男の三氏との協同研究は急速に進展した。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • この問題は、しかし間もなく坂田昌一、谷川安孝両氏の二中間子仮説によって解決されていたのである。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • 京都帝国大学理学部を卒業後、湯川秀樹、坂田昌一の共同研究者として、原子核・素粒子論の研究を進めた。
  • 坂田昌一が発表した坂田模型における対称性に関する沢田-米沢質量公式などの研究を行う。
  • 名古屋大学にて坂田昌一らの指導を受ける。
  • 益川の議論好きは生来のものだが、背景には、仁科芳雄から、武谷三男、坂田昌一に至る研究環境と、坂田モデルに始まる名大での活発な研究活動がある。
  • コペンハーゲン学派の伝統を持ち帰った仁科芳雄の自由な学風を受け継ぐ坂田昌一のグループに属し、坂田が信奉する武谷三男の三段階説の影響を受けた、名大グループを代表する学者でもある。
  • 同文書で素粒子学者の坂田昌一・武谷三男・中村誠太郎、公明党国会議員でもあった伏見康治、民主主義科学者協会を「保守政府の下での原子力研究に反対する極左」と名指ししており、原子力村の一員であった事が明らかにされた。
  • 愛知憲法会議は坂田昌一、真下信一、新村猛らとともに設立した。
  • これらを元に、1955年に坂田昌一が坂田模型を発表し、大貫義郎らが、群論を使いSUモデルを示す。。
  • この原型は坂田昌一による坂田模型と、そのフレーバー変換を群論形式で記述する方法を確立した大貫義郎らによるIOO理論SUである。
  • 次へ »