坂田山心中

6 の例文 (0.00 秒)
  • 歌謡曲に「天国に結ぶ恋」というのができ、一般には「坂田山心中」といわれている。 ...
  • この「天国に結ぶ恋」は坂田山心中を象徴する名文句となり、事件からまもなくロマンチックに美化された同名の映画や歌が製作公開され人気を博した。 ...
  • 明治時代には、藤村操ふじむらみさおという一高の生徒が華厳の滝で投身自殺を遂げ、その際、「巌頭がんとうの感」という有名な遺書を残したために、華厳の滝で投身自殺をするのがブームとなり、坂田山心中の後は坂田山で心中するのがブームとなり、その後の心中のメッカとしては大島三原山があった。 ...
  • イザナギが黄泉よみの国ヘイザナミをたずねるのも、そのあらわれというし、近くは坂田山心中、江戸時代に、妓楼へあがって、必ず女に青黛せいたいを刷かせ、死人の如く粧わせた坊主の話や、また、最愛の妻に先き立たれ、一夜そいふしたという話など、むしろ美談として語られている。 ...
  • 天国に結ぶ恋と呼ばれた坂田山心中以来、心中が相ついでいるので、人まね心中を風刺した『心中、心中また心中』を書いたり、ロスアンゼルスオリンピックを題材にして『青春オリンピック』を書いたり、アメリカ映画『ジキル博士とハイド氏』を真似て『灰土氏の殺人』という脚本を作ったりした。 ...