坂田山心中

4 の用例 (0.00 秒)
  • この「天国に結ぶ恋」は坂田山心中を象徴する名文句となり、事件からまもなくロマンチックに美化された同名の映画や歌が製作公開され人気を博した。
  • 明治時代には、藤村操ふじむらみさおという一高の生徒が華厳の滝で投身自殺を遂げ、その際、「巌頭がんとうの感」という有名な遺書を残したために、華厳の滝で投身自殺をするのがブームとなり、坂田山心中の後は坂田山で心中するのがブームとなり、その後の心中のメッカとしては大島三原山があった。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • この坂田山心中事件と映画のヒットをきっかけとして、マスメディアに「心中」「情死」「天国」などの言葉が溢れ、翌年の三原山女学生心中事件など、多くの自殺騒ぎを誘引した。
  • あの坂田山心中の? 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用