坂田山

全て 名詞
25 の例文 (0.00 秒)
  • 逆に言えば、人気が去った坂田山はかっこうの心中場所であるとも言えた。 ...
  • あれ以来、不思議なもので、坂田山は忘れられた形になっていた。 ...
  • 坂田山の隣の王城おおじろ山に自宅のある高橋誠一郎さんがいっていた。 ...
  • 坂田山の城がいつ頃築城されたのかは不明。 ...
  • 「あの後、坂田山で、お会いしましたね」 源義は言った。 ...
  • この心中が後にセンセーションを巻き起こしたことで、「坂田山」の名が定着することになった。 ...
  • この心中が後にセンセーションを巻き起こしたことで、「坂田山」の名前が定着することになった。 ...
  • 歌謡曲に「天国に結ぶ恋」というのができ、一般には「坂田山心中」といわれている。 ...
  • 「下野国誌」によると綱重は大永3年に没したとされ、同年中に坂田山に築城し、名を鹿沼城としたという。
  • 昭和七年五月八日に慶大生調所ずしよ五郎が、湯山八重子という麗人と大磯の坂田山で死んだ。 ...
  • 榊増夫と貴宮多鶴子の死体が発見されたのは、神奈川県の大磯おおいそ海岸に近い、通称、坂田山という場所である。 ...
  • 榊が死んだ坂田山で、夕暮れにちらりと垣間見た男である。 ...
  • この「天国に結ぶ恋」は坂田山心中を象徴する名文句となり、事件からまもなくロマンチックに美化された同名の映画や歌が製作公開され人気を博した。 ...
  • 鹿沼城の起源は、1292年に二荒山神社に化灯籠を奉献した佐野氏の支族・鹿沼権三郎が、この城から西に500mほどの所にある坂田山に本拠を構えた事から始まる。 ...
  • 以後坂田山で心中する男女が後を絶たず、同じ年だけで20組が心中、1935年までの自殺者は約200人にものぼった。 ...
  • 壬生綱重は坂田山館を改築して居城としたが、1532年に嫡子の壬生綱房が御殿山を中心に城を築き鹿沼城とし、以後は壬生氏の居城となる。 ...
  • 明治時代には、藤村操ふじむらみさおという一高の生徒が華厳の滝で投身自殺を遂げ、その際、「巌頭がんとうの感」という有名な遺書を残したために、華厳の滝で投身自殺をするのがブームとなり、坂田山心中の後は坂田山で心中するのがブームとなり、その後の心中のメッカとしては大島三原山があった。 ...
  • 次へ