坂田宏一

13 の用例 (0.00 秒)
  • 土曜日の午後、私は坂田宏一から呼ばれて、坂田家へと向っているところだった。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 階段を上って行く坂田宏一の足取りは、しっかりしていた。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 昼間、坂田宏一が案内した部屋から明りが廊下に射していた。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 坂田宏一さんが何の用なのかしらね? 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • それには構わず、車を坂田家の前に停め、外へ出ると、音を聞きつけたのか、坂田宏一が姿を見せた。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 坂田宏一は、サト子に背中を向けていたが、なぜだか、よろけるように、後ずさって来た。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 確か、坂田宏一の部屋ではなかったか。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 布団から起き出した坂田宏一は、もうずいぶんすり切れて、冬用にしては薄手になってしまったパジャマの上に、古いオーバーをはおると、台所へ行った。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • と、坂田宏一が重苦しい口調で言った。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 坂田宏一が倒れている。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 坂田宏一は、暗がりの中で、かっと目を見開いた。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • と、坂田宏一は言った。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • と、坂田宏一はわめいた。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用