坂田好弘

7 の用例 (0.00 秒)
  • 日本人では2012年に坂田好弘が殿堂入りを果たしている。
  • 日本代表のキャプテンを務めたこともあり、坂田好弘と共に、世界で最も通用した日本人ラグビー選手として名高い。
  • 前述の井沢・原・石田だけでなく、山口良治・堀越慈・尾崎真義・横井章・藤本忠正・坂田好弘・伊藤忠幸・島崎文治などのタレントを擁していたこともあるが、これら個性的な選手たちを巧みに起用・操縦し、実績で見劣りするひ弱な日本代表を世界の舞台に立たせた。
  • そしてオールブラックスジュニア戦では、坂田好弘が4トライを挙げるなどの活躍を見せて23-19で撃破するという『大金星』を挙げた。
  • すったもんだの騒動があったものの、アジア選手権連覇を果たした「ジャパン」は、1970年3月に、NZUとBC代表を日本に招いてテストマッチを行なったが、このとき、ジャパンのエース、坂田好弘はNZUのメンバーとして出場した。
  • 坂田好弘、石塚広治、今里良三、原進らとともに、近鉄の黄金時代の一翼を担い、全国社会人ラグビーフットボール大会で4回、日本ラグビーフットボール選手権大会で3回優勝を経験した。
  • 日本人では坂田好弘がカンタベリー、大久保直弥がサウスランド、四宮洋平がノースランド、田中史朗と堀江翔太がオタゴでプレーしていた。