坂田利夫

19 の用例 (0.00 秒)
  • 間寛平とも仲が良く、寛平の子供達は、坂田利夫の事をパパと呼んでいた。
  • 代表の宮成強稔は過去に吉本興業に所属し、当時は坂田利夫に弟子入りしていた。
  • また坂田利夫は吉本新喜劇研究生時代、毎晩自宅に訪れては芝居の指導を受けた。
  • キャラクターの声は大阪弁であり、坂田利夫が担当した。
  • 鈴木に関しては、本来坂田利夫をそっくりさんとして起用する予定だったが仕事だったため、そっくりさんの代役として鈴木に出演を依頼した。
  • 坂田利夫をはじめ、関西吉本興業のお笑い芸人が出演していたが、いずれも標準語で演じている。
  • のちの坂田利夫に受け継がれた「アホ」キャラのルーツとも言われる。
  • 大阪市の即売会には坂田利夫が登場した。
  • ごくまれに坂田利夫がきよしの代理で来ることがあったが、その際には『三枝利夫興奮テレビ』というタイトルを使っていた。
  • リポーターには、当時、選挙での落選が話題となった日本社会党の上田哲から芸人の坂田利夫まで幅広い人選がなされた。
  • 一時期、くるよが入院した際のピンチヒッターとして坂田利夫が出演したときがあり、この時だけ『いくよ・坂田のもうかりまっか』という番組名になった。
  • 坂田利夫、レツゴーじゅんとは前座時代からの親友である。
  • Aはきよし、Bは坂田利夫、Cはレッツゴー三匹のジュンこと、渡辺美二という按配あんばいだった。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 昭和三十七年には、桑原和男、ルーキー新一が、昭和三十八年は原哲男、前田五郎、昭和三十九年は財津一郎、山田スミ子、西川きよし、昭和四十年は坂田利夫など、この時期、吉本には個性豊かな人材が集まった。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 坂田 利夫は、日本のお笑い芸人である。
  • W204型メルセデス・ベンツ Cクラス300アヴァンギャルドSを購入し、藤崎奈々子や坂田利夫とドライブする様子も放送された。
  • Jd'時代、『お笑い王者決定戦』と云うタイトルで、リング上で芸人同士のトークバトルを行い、坂田利夫をコミッショナーとして、リットン調査団、雨上がり決死隊が参加した。
  • 吉本興業とはこれ以降も関わりがあり、2011年2月に 湊町リバープレイスにて開催された「くまモンファン感謝デー」では、蒲島知事・スザンヌの他に、吉本興業から太平サブロー・坂田利夫・未知やすえ・烏川耕一らが駆けつけている。
  • 前日に営まれた通夜には上岡龍太郎、坂田利夫、桂きん枝、月亭八方、オール阪神・巨人、中田カウス・ボタン、横山たかし・ひろし、酒井くにお・とおる、海原はるか・かなた、ぼんちおさむら上方芸能人が多数参列し、偉大なる上方芸人の別れを惜しんだ。