坂田八段

14 の用例 (0.00 秒)
  • 坂田八段の奔放な力将棋には、近代を納得させる合理性が欠けているのだ。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 坂田八段の奔放な力将棋には、近代を納得させる合理性が欠けてゐるのだ。 坂口安吾『大阪の反逆』より引用
  • 私は先に坂田八段の端歩のことを言つた。 坂口安吾『大阪の反逆』より引用
  • 私は先に坂田八段の端歩はしふのことを言った。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 彼は坂田八段の端歩を再現しているのである。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 彼は坂田八段の端歩を再現してゐるのである。 坂口安吾『大阪の反逆』より引用
  • 織田は坂田八段の「銀が泣いてる」について述べているが、私は最初の一手に端歩はしふをついたという衒気げんきの方がおもしろい。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 織田は坂田八段の「銀が泣いてる」に就て述べてゐるが、私は、最初の一手に端歩はしふをついたといふ衒気げんきの方が面白い。 坂口安吾『大阪の反逆』より引用
  • 序盤の優位ということがわからぬ坂田八段ではなかろうけれども、第一手に端歩を突いたということは、自信の表われにしても軽率であったに相違ない。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 私は木村名人の心構への方が、当然であり、近代的であり、実質的に優位に立つ思想だと思ふから、坂田八段は負けるべき人であつたと確信する。 坂口安吾『大阪の反逆』より引用
  • 私は木村名人の心構えの方が、当然であり、近代的であり、実質的に優位に立つ思想だと思うから、坂田八段は負けるべき人であったと確信する。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 序盤の優位といふことが分らぬ坂田八段ではなからうけれども、第一手に端歩を突いたといふことは、自信の表れにしても軽率であつたに相違ない。 坂口安吾『大阪の反逆』より引用
  • 坂田八段の端歩は、まさしくハッタリによって芸術自体を限定し低めてしまったバカバカしい例であり、大阪の長所はここにおいて逆転し、最大の悪さとなっている。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • 坂田八段をモデルの芝居を上演中の辰巳柳太郎、島田正吾、小夜福子三氏が見学に来てつゞいて座につく。 坂口安吾『散る日本』より引用