坂田健史

10 の用例 (0.00 秒)
  • この興行のメインでは同門の坂田健史が世界王座を失った。
  • ごく最近では前WBA世界フライ級王者の坂田健史が2007年7月1日の初防衛戦で暫定王者ロベルト・バスケスとの王座統一を成功させて以来、5度の防衛戦で使用した。
  • なお、この日の興行ではダブルタイトルマッチとして当時のWBA同級王者・坂田健史の防衛戦も行われ、対立する同階級日本人世界王者の競演となった。
  • 佐藤修と坂田健史は金平の死去後にチャンピオンになったが、高校アマボクシングで凡庸な戦績だった彼らの才能を見出し、ジムに入門させたのは金平である。
  • 佐藤修、坂田健史を世界王者に育て上げ、第18回エディ・タウンゼント賞を受賞した。
  • 金平最後の弟子・坂田健史が苦節10年目の2007年3月19日、WBA世界フライ級チャンピオンとなった。
  • 大串事件とは、2001年7月16日に後楽園ホールで行われたボクシング日本フライ級タイトルマッチ、同級日本王者坂田健史 vs 同級1位内藤大助の試合後に内藤と同じ宮田ジムの所属選手であった大串尋人がナイフのような物を振り回して係員を威嚇しリングのエプロンに上がり、審判控え室に押しかけた事件である。
  • さいたまスーパーアリーナでWBA世界フライ級王者坂田健史に挑むが、ホールディングによる減点もあり、三者三様の12回判定引き分け。
  • その後JBCライセンスを取得し、2008年7月30日に代々木第一体育館で行われた坂田健史・内藤大助ダブルタイトルマッチのアンダーカードで水谷智佳とともにJBCデビュー。
  • その後は西城正三、具志堅用高、上原康恒、渡嘉敷勝男、鬼塚勝也、勇利アルバチャコフ、オルズベック・ナザロフ、佐藤修、坂田健史、と国内最多10人の世界チャンピオンを育てた。