坂田亘

13 の用例 (0.00 秒)
  • また、坂田亘も離脱と一部報道にあったが、坂田本人は離脱を否定した。
  • 団体の代表には坂田亘が就任するほか、経営面を担当するCEOとして元新日本プロレス社長の草間政一が就任する。
  • 高阪剛、坂田亘のデビュー戦の対戦相手を務めた。
  • しかし坂田亘の提案によりハッスル軍と旧坂田軍団が合併し、『新生ハッスル軍』が誕生した。
  • なお、村浜本人はK-1 WORLD MAXへの出場を最優先に考えていたため、すでに決定していたハッスルの試合を消化後はK-1側に気を使ってハッスル参戦を取りやめており、坂田亘のパートナーもマーク・コールマンとなった。
  • ハッスル・マニア2007の坂田亘戦の時点で完全無欠の状態であったが、「レーザービターン」が妖精さんによって跳ね返されてダメージを受けた。
  • その後、1992年に山本宜久と成瀬昌由、1994年に坂田亘と高阪剛らがデビュー。
  • その後川田利明の高田モンスター軍への裏切り、坂田亘のハッスル軍からの離反および坂田軍結成などを経て、2005年11月3日のハッスルマニア以降はレイザーラモンHGがチームの中心選手となっている。
  • 同期には坂田亘がいる。
  • その後、坂田亘がオーナーを務める代官山の和食店「わたる」の正社員となり、様々な形でプロレスイベントハッスルに関わる。
  • SMASHの所属選手に天龍源一郎、川田利明、坂田亘の名前はなかったが、このうち天龍は2010年4月19日に自主興行「天龍プロジェクト」を旗揚げし、2011年5月20日にはSMASHと天龍プロジェクトの業務提携が発表された。
  • ビキニの小池栄子、レスラーパンツの坂田亘が、金子ナンペイ独特の肉感的なタッチで大きく描かれている。
  • ZERO1-MAXの運営会社・FOSがPRIDE運営のDSEと共催しているプロレスイベント「ハッスル」に、坂田亘のパートナーとして突如参戦する。