坂田おさむ

18 の用例 (0.00 秒)
  • 同時期にうたのおにいさんを務めたのは林アキラおよび坂田おさむ。
  • 続いて坂田おさむと神崎ゆう子が登場し「星ひとつ」を歌った。
  • 以来6年に渡りたいそうのおにいさんを務め、1993年3月に坂田おさむと前述の神崎と共に番組を卒業した。
  • 彼のために歌のカプセルを開けると、泥棒は自分の名前が坂田おさむであると思い出し、かつて歌のお兄さんをやっていたことも思い出す。
  • 元パートナーの坂田おさむのブログによると、家へ訪れてきた時も、呼び鈴無しで声だけで十分、家の中から分かるほどである。
  • 父の坂田おさむとはコンサートやテレビ番組などで度々共演し、おさむのアルバムではデュエットも組んでいる。
  • しかし、放送終了から10年後の2013年5月26日にEテレセレクションとしてゲストに坂田おさむを迎えた回を再放送した。
  • この時のうたのおにいさんとうたのおねえさんは坂田おさむと神崎ゆう子であった。
  • 母子家庭の娘が母の再婚を祝福するという内容の歌で、坂田おさむのもとに届いた「シングルマザーの応援歌を作ってほしい」というファンレターがきっかけで作られた。
  • ゲストとして、速水・茂森の先代のおにいさん・おねえさんの坂田おさむ・神崎ゆう子、坂田のバックバンドであるおさむバンド、番組に多数の楽曲を提供している作曲家の越部信義と乾裕樹、オーケストラとして東京室内楽協会が出演した。
  • また、うたのおにいさんだけで歌われた曲は「だんご3兄弟」であり、杉田あきひろ・坂田おさむ・速水けんたろうの3代のうたのおにいさんで歌われた。
  • コンビを組んだ坂田おさむは逆にうたのおにいさんとしての就任当時の年齢が歴代最年長で、坂田と神崎は『歴代最年長のうたのおにいさんと歴代最年少のうたのおねえさん』の組み合わせだった。
  • そして後にエイベックスが共感を持ち、ダイキン工業のキャラクター「ぴちょんくん」のプロデュースで知られる西秀一郎をプロデューサー、坂田おさむを歌い手として2004年4月7日にCDが発売された。
  • 父親は「おかあさんといっしょ」の7代目うたのおにいさんでシンガーソングライターの坂田おさむ。
  • 坂田 おさむは、日本のシンガーソングライター。
  • 共演のうたのおにいさんは坂田おさむ。
  • 進行は、坂田おさむと瀧本瞳と松野ちかと輪島直幸とひなたおさむとかまだみきと恵畑ゆう。
  • うたのおにいさんは、NHKおかあさんといっしょ7代目うたのおにいさんの坂田おさむ、うたのおねえさんは美咲あゆむ・飯田ミカ、たいそうのおにいさんは小嶋信之・山岸隆弘であった。