坂田

全て 名詞
1,743 の用例 (0.02 秒)
  • 坂田は単純な男で、村瀬がなにか大切なことを話したとは思えなかった。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 坂田は三人に一瞬だけ眼をやってから、まっすぐ広瀬のそばにやってきた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 坂田はヨーロッパのメーカーのマシンで戦う最初の日本人でもあった。
  • そして彼女がまた、煖炉棚の上の人形を見ている時、坂田は眼を開いた。 豊島与志雄『坂田の場合』より引用
  • 坂田といふ人にとつては、もうこれほど自然な手はなかつたのである。 織田作之助『聴雨』より引用
  • たいていの新聞社はこの坂田の口説くどき落としだけで参つてしまつたのだ。 織田作之助『聴雨』より引用
  • 坂田は自分の怒鳴り声に興奮したのか、一呼吸おいてまた言葉を連ねた。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 高橋は斎藤が適当な年齢になるまでのつなぎ的な役割を坂田に期待した。
  • 同じ電車に乗っていて、坂田氏が掏られた事をその騒ぎで知らん筈がない。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • 坂田は話を変えて、もうシルバーシートのことを話そうとはしなかった。 赤川次郎『昼下がりの恋人達』より引用
  • けれども、ありていに言えば、その小説で描いた坂田は私であったのだ。 織田作之助『勝負師』より引用
  • その中で坂田という二十二、三の侍はお花という女の馴染みであるらしい。 岡本綺堂『鳥辺山心中』より引用
  • しかし,その結果生まれる代役の坂田中間子が霧箱で見えていたわけだ。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • もっとも坂田の修業振りや私生活が私のそれに似ているというのではない。 織田作之助『勝負師』より引用
  • 坂田は自分が敗北者になることを確信し、会社を辞めるつもりでいた。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • 坂田がそんな弱音を言うのは初めてだったので、少し意外な気がした。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • これを書いているとき、ハロルド坂田がホノルルでガンのため死去した。 村松友視『七人のトーゴー』より引用
  • 問題は坂田・谷川の二中間子論の場合と非常に似ているように見える。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • それを知っている坂田は、さもおかしそうに笑って、手を伸ばしてきた。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • 駅に着くと、おどろいたことに、坂田が、母親と一緒に改札口の所にいた。 赤川次郎『昼下がりの恋人達』より引用
  • 次へ »

坂田 で始まる単語