坂本

全て 名詞
4,970 の用例 (0.02 秒)
  • 坂本にもいずれ近いうちに、海外の任地を経験させなければならない。 浅田次郎『姫椿』より引用
  • 坂本九はそれを歌ってみて「盗作の曲のようだ」と感想をのべたそうだ。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • 坂本をひき連れて歩いていたのは同じ高校出身の先輩だった。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • 坂本さんて人がさあ、そう言うから、そうなのかなあって思っただけでさあ。 角田光代『愛がなんだ』より引用
  • それと彼が坂本和幸を動かしていたとして、二人はどこで知り合ったの? 和田はつ子『薬師』より引用
  • 森蘭丸が、坂本をほしいと信長に訴えたという噂を、光秀は思い出した。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 弥次馬たちの中には、坂本をはっきり、犯人を見る目で見る者がある。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 坂本の死体から、両手を背後に縛られたままの福家がもがき離れている。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 馴染なじみの加盟店のオーナーと話していた坂本が、もどってきて声をかけた。 阿部牧郎『ビル街の裸族』より引用
  • もともと保冷車は坂本の異常な性癖のために購入されたわけではないのです。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 陣内の名前が出たことが、坂本の心象風景を変えたのか、ほおがゆるんだ。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • とその材料を持って来た川田氏への心理批判も交って坂本は苦笑した。 岡本かの子『鶴は病みき』より引用
  • 棟末へ行くほどに、坂本や守衛の目に発見される危険性が高くなる。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 翌年の秋に土岐がまた坂本の陣に戻ると、さらにそれへ使者を出した。 原勝郎『東山時代における一縉紳の生活』より引用
  • 坂本の栄泉堂おかのへお菓子を買いにいったら、帰りが一緒になりましたの。 長谷川時雨『市川九女八』より引用
  • 中橋は自分の所在を明らかにするためにも、坂本を呼んだのではないだろうか。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 土州どしゆうの坂本龍馬と一緒に斬られたというもう一名の方は弟ではないかしらなどと思う。 吉川英治『松のや露八』より引用
  • 坂本はすでに故人だが、彼も両者の話の内容は知らなかっただろう。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 衣類などの持ちものを八円に売り、坂本町の木賃宿きちんやどに身をひそめていた。 川端康成『伊豆の踊子・禽獣』より引用
  • 母や洋子は心配してくれるが、坂本はいささかもあがってなんかいなかった。 赤川次郎『告別』より引用
  • 次へ »