坂本龍一

235 の用例 (0.01 秒)
  • 同作で初めて映画音楽を担当した坂本龍一は英国アカデミー賞作曲賞を受賞した。
  • 結局起用は見送られてしまったが、その作曲家は坂本龍一であった。
  • 坂本龍一にそういったらテクノポップって言葉はぼくがつくったんだと言ってた。
  • これは坂本龍一のファンであったロディ・フレイムたっての依頼であった。
  • 音楽家の坂本龍一にも大きな影響を与えたといわれている。
  • 坂本龍一の推薦と有名デザイナーによるプロジェクトチームでの活動を行った。
  • それまで難解なコード進行を得意としてきた坂本龍一だったが、ここでは単純ないわゆるロックのコード進行を使用している。
  • 作曲家の坂本龍一が、六本木ヒルズの誕生を祝って祝典音楽を作品化した。
  • 日本との関わりでは大島渚・北野武らの作品制作や坂本龍一との仕事で知られる。
  • 高校では作曲家の坂本龍一の1年後輩で、坂本に誘われデモに参加していた。
  • 散開後は坂本龍一のスタッフとなり、坂本の個人事務所を取り仕切っていた。
  • 坂本龍一とのコラボレーションにより日本国内での知名度も高まった。
  • 追加曲には坂本龍一のピアノによる曲もある。
  • ゲストとして坂本龍一、藤原道山らが出演している。
  • 作曲と演奏はすべて坂本龍一が行っている。
  • また沢井一恵 は初代会長の妻であり、坂本龍一に作曲を委嘱するなど比較的自由な音楽活動をしている。
  • 坂本龍一へのインタビューも放送されたことがある。
  • またCIを実施当初のテーマソングは坂本龍一が担当した。
  • 坂本龍一はNHKのグールドの特集番組で学生時代にグールド独自の異様な姿勢による演奏法を真似たとも語っている。
  • 音楽は坂本龍一の曲を継続している。
  • 次へ »