坂本駅

42 の用例 (0.00 秒)
  • 最寄り駅は美乃坂本駅であるが、直接連絡する公共交通機関は存在しない。
  • また、駅周辺は住宅地であるが、駅東側にある比叡山坂本駅との間の道路沿いには商店も点在する。
  • 丸岩峠を越え、美乃坂本駅すぐ西の踏切でJR中央本線と交差する。
  • 本形式は坂本駅の低床ホーム高床化工事が完成した後は予備車となり、1953年8月に全車廃車された。
  • ホーム左の白い箱にはケーブルカーの停車をケーブル坂本駅にリクエストするための電話機がある。
  • 湖西線の比叡山坂本駅にほぼ重なる位置に所在したのはこの日吉駅で、隣の叡山駅ではない。
  • 役割を終えた架線柱のうちの1本は、その一部がケーブル坂本駅の入口わきにモニュメントとして保存されている。
  • しかし、全てが一律に30里であったわけではなく、例えば途中に神坂峠越えを含んだ難所として知られていた美濃国の坂本駅と信濃国の阿智駅との間の距離は74里もあった。
  • ほうらい丘駅に列車が停車した際、交走式ケーブルカーの特性上、もう1方の車両はもたて山駅より少しケーブル坂本駅側に停車する。
  • 湖西線開通前の1969年まで付近を走っていた江若鉄道にも、叡山駅が存在したが、現駅よりも大津京寄りの下坂本にあり、現在の比叡山坂本駅の場所には日吉駅が存在した。
  • ケーブル坂本駅とケーブル延暦寺駅は駅員配置駅、ほうらい丘駅ともたて山駅は無人駅である。
  • 駅が設置された当時、既に肥薩線に坂本駅が存在していたため、旧国名の美濃を頭に冠した美濃坂本となる予定であったが、実際は美乃坂本と命名された。
  • 券売機が設置されていない釜戸駅、武並駅、美乃坂本駅の各駅では、駅窓口で販売を行っていた。
  • 運賃は距離の短いケーブル坂本駅 - ほうらい丘駅間及びケーブル延暦寺駅 - もたて山駅間用の運賃が用意されているほかは、他のすべての区間が大人片道860円に設定されている。
  • 岐阜県などによる建設促進県期成同盟会は美乃坂本駅への併設または近接地への駅設置をJR東海に求めている。
  • また、駅での業務を行うステーションスタッフも、無人駅の多い近江神宮前駅 - 坂本駅間で電車に添乗し、集改札業務を行っている。
  • 戦後も高床車の全線運行に向けた工事は継続され、1947年1月には残る石山寺駅までの区間も完成し、本形式も100型とともに坂本駅から石山寺駅までの全線直通運用に充当された。
  • 唐崎駅を出ると左手に国道161号湖西道路が並行して走り、新快速停車駅の比叡山坂本駅に着く。
  • 比叡山坂本駅を出て、トンネルを3つ抜けるとおごと温泉駅、おごと温泉駅からトンネルを2本抜けて堅田駅に着く。
  • 駅名標や発車時刻表・運賃表の他「呼び出し電話」が設置されており、この電話を使ってケーブル坂本駅にケーブルカーの停車をリクエストすることができる。
  • 次へ »