坂本直

25 の用例 (0.00 秒)
  • 一方で龍馬の家督を継いだ坂本直は、訪ねて来たお龍を冷たく追い返している。
  • また、同じクリスチャンである坂本直が主宰した龍馬の法要にも出席している。
  • 坂本直澄の娘・坂本幸の夫となって、第3代目の郷士坂本家当主となった。
  • また、藩内において敵う者なしと言わしめた槍術の大家・坂本直足を凌いでいたとも言われ、その親交から直足の子・直陰に学問などを講じたとも言われる。
  • 北光社には坂本龍馬の親族である郷士坂本家5代目当主坂本直寛が参加した。
  • 聖園農場の経営は安哉の没後、親族である坂本直寛に引き継がれた。
  • 坂本直足の長男として生まれる。
  • 幸の夫となる坂本直足である。
  • 立志学舎には、坂本龍馬の甥である坂本直寛も学んでいた。
  • 坂本家の後嗣・坂本直寛は、その縁で板垣とは親しく、自由民権の遊説活動を行っていた。
  • さらに坂本直寛が『雑感』『キリスト信徒の幸福』という題で講演を行い。
  • 代七の弟・八平は同じ土佐郷士の坂本家に婿養子として入り坂本直足と改名、次男に坂本龍馬をもうけており龍馬とは血縁及び実質上の従兄弟同士である。
  • その後、明治4年8月、龍馬の家督を相続して朝廷から永世十五人扶持を給せられ、名を坂本直と改める。
  • 坂本は蝦夷地開発事業に着手する計画を持っていたといわれ、のちに親族の坂本直寛が遺志を継ぎ明治時代に北海道空知管内浦臼町に入植している。
  • 明治20年6月26日、片岡健吉・坂本直寛らと共に山田平左衛門が高知教会の長老に選ばれた。
  • 夫の死後は、血縁上は従弟で鶴井の嫁ぎ先で義弟でもある坂本直寛を頼って札幌へ赴くも、後に高知へ帰り亀代の嫁ぎ先である楠瀬済の家で晩年を過ごした。
  • 晩年は弟坂本直寛宅に同居した。
  • 晩年は独と改名し、養子の坂本直寛と共に暮らす。
  • その教会から坂本直寛、片岡健吉などが出る。
  • 片岡健吉、坂本直寛、武市安哉、原保太郎などがノックスから洗礼を受けた。
  • 次へ »