坂本村

44 の用例 (0.00 秒)
  • 旧:豊島郡坂本村の一部で、江戸時代には正式な行政地名ではなかった。
  • かつて坂本村と呼ばれていた地域の一部と荒田村の一部と安養寺山から成る。
  • 芦北郡のこの百済来村は、一九六一年に八代郡に合併されて、いまは同郡坂本村となっている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 11 肥前・肥後・日向・薩摩ほか』より引用
  • 坂本村は分水嶺の東側にあるが秩父郡の郡管に属する外秩父十五ヶ村のひとつに数えられている。
  • 旧・坂本村の中心地に位置する。
  • 坂本村は茨城県久慈郡にかつて存在した村である。
  • 鉄道建設のため福原町、相生町などの住民の移転先として兵庫と神戸の間にある坂本村南部を市街地造成して成立した。
  • 江戸期には薩摩国鹿児島郡鹿児島近在のうちであり、坂本村とも坂元村とも書かれていた。
  • 坂本地域としての歴史については「坂本本町」、「坂本村」も参照のこと。
  • 古くは橘樹郡仏向村で、1889年4月1日に坂本村と合併、矢崎村となる。
  • 熊本県の整備した駐車場・トイレと、八代郡坂本村の整備した駐車場・「広域交流センターさかもと館」の2つの部分からなる。
  • 本来の下谷は下谷広小路あたりで、現在の下谷は旧:坂本村に含まれる地域が大半である。
  • また、熊本県八代郡坂本村百済木は、百済人の居住地で、百済来と推定されている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 04』より引用
  • この町は神戸駅建設のため旧福原町、相生町などの住民の移転先として、明治4年に神戸と兵庫の間の坂本村南部が市街地造成され、明治5年に命名された。
  • 坂本村は、かつて岐阜県恵那郡にあった村である。
  • 鉄道敷設のために相生町・福原町などの転居先として明治4年に兵庫と神戸の中間にある坂本村南部に市街地が造成され、翌年命名された。
  • 久しく知られることなく、明治末年、岐阜県恵那郡坂本村に自生していることが発見され、その後県内で自生しているのを発見された。
  • そもそもは、平成の大合併以前の坂本村、東陽村、泉村の3村が其々運営していたものを引き継いだため、各旧地域ごとにサービスが継続されている。
  • 周辺住民は、以前から放水による振動被害やダムによって洪水被害が拡大したのではないかと不信感を抱いており、旧坂本村内では撤去への要望が高まっていた。
  • 昭和の大合併前の上松求麻村・下松求麻村は大字を編成しておらず、これらの大字は坂本村発足時に設定されたものである。
  • 次へ »

坂本村 の使われ方