坂本スミ子

10 の用例 (0.00 秒)
  • かかえて持ってきてくれたのは坂本スミ子さん。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 自らも腹部の脂肪をとる手術で、お腹をおさえながら現れてくれた坂本スミ子さん。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 当初、おりん役は別の女優がキャスティングされて撮影が進められていたが、撮影中にその女優が入院することになり、代わりに坂本スミ子がキャステングされた。
  • それから1年近くのち、『エロ事師たちより 人類学入門』の坂本スミ子の息子役を見つけられずにいた今村昌平に相談を受けた事務所代表が近藤を思い出し、京都に戻っていた近藤にすぐに連絡をとり、今村に会わせたのがデビューのきっかけとなる。
  • 私の呼びかけに坂本スミ子さん、江原真二郎・中原ひとみ夫妻、横森良造さんなどなど、友人たちも各地方まで応援にきてくれたのだったが、宮松、菅原、木島そして私の四人は、そのとき以来の奇妙に話のわかりあえるチームなのである。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 元々は井上靖の小説『闘牛』のモデルとなった小谷正一の懐刀とも言える存在で、後に大阪初の本格ナイトクラブと言われた「クラブ・アロー」の支配人となり、そこで舞台に上がっていたアイ・ジョージや坂本スミ子を売り込むため、「ターゲットプロ」を立ち上げた。
  • ほぼ同時期、和田弘とマヒナスターズ、坂本スミ子、西田佐知子も本曲を歌うようになり、日本でも4者競作となった。
  • また、モーリアの自作曲を真木ゆうこ、来栖あんなや高橋キヨシ、坂本スミ子らがカバーする例も見られた。
  • 大阪の芸能プロダクション「ターゲットプロダクション」の社長として、坂本スミ子やアイ・ジョージらを育てた。
  • なべおさみ・大信田礼子・坂本スミ子の3人が繰り広げるバラエティー・コントショー。