坂本

全て 名詞
4,970 の用例 (0.02 秒)
  • ぼくは彼が安全圏にいたから、坂本を呼んだんじゃないかとおもうんだ。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 大井の目は、まだ主の来ていない、坂本の席の椅子へと向けられていた。 赤川次郎『告別』より引用
  • 事実彼自身このことを口にして、坂本清馬を叱責し、追放したのである。 山田風太郎『明治バベルの塔 -山田風太郎明治小説全集12』より引用
  • 時間があったら明日にでもお宅へお邪魔したいと坂本を通じて伝えてある。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • すべてあの坂本という男からやれと言われたことをやっただけなのか。 つかこうへい『龍馬伝 野望篇』より引用
  • ここしばらくは坂本の城よりも、亀山の城に滞在することがふえていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • ことがことだけに坂本武兵衛ひとりの判断ではどうしようもなかった。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 先にポイントをとり始めたのが坂本でプレスラはあとから追ってきた。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • 坂本欧亜局長からその説明を聞いた松岡は別に驚く様子もみせなかった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • この太平洋を見はるかす海岸に立っているのが、銅像の坂本竜馬である。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • 九月二十日の夜なかに、下谷坂本の煙草屋次右衛門は何者にか殺された。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 確かに、子供のころ、坂本は自分に不思議な能力があることを知っていた。 赤川次郎『告別』より引用
  • 坂本には潮木の緊張しきって脈打っている心臓の音が聞こえるようだった。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • 第一連隊が坂本町側の兵舎に、第二連隊が不入斗町側の兵舎にはいった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 中橋が三階の自室から五階の坂本の部屋を呼んだことは、確かめてある。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 坂本さかもとがそこまで言うのなら、ウチも言うとおりにしてあげてもいいわ。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 第三者としてきく坂本の、妻に対する気持の表現は何か切実でなかった。 宮本百合子『今朝の雪』より引用
  • 坂本は庭に出て、今工事を片付けて持口もちくちに附いた同心共を見張つてゐた。 森鴎外『大塩平八郎』より引用
  • 坂本はすぐに城の東裏にゐる同じ組の与力同心に総出仕そうしゆつしの用意を命じた。 森鴎外『大塩平八郎』より引用
  • 大井の言葉には、坂本の妻への思いやりの、かけらも感じられなかった。 赤川次郎『告別』より引用
  • 次へ »