坂井

全て 名詞
1,832 の用例 (0.02 秒)
  • 坂井の著書で戦死したとされる山口大尉はこの攻撃では戦死していない。
  • 坂井は戦闘機乗りが最後の頼みとするのは自分だけであると言っている。
  • 今日にいたるまで坂井に取材したいと思ったことはないとも言っている。
  • そしてあの坂井夫人は決して決して己の恋愛の対象ではないのである。 森鴎外『青年』より引用
  • 坂井はそこを右へ曲がる、宗助はそこを下へおりなければならなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • 背後で、表情を失い激しく肩を上下させる坂井や須川とは大違いだった。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • 矢田は原に、坂井が二年前に東京に連れていった女の消息を調べさせた。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • また、坂井は、ただの一度も飛行機を壊したことがないと主張していた。
  • しかし、そこでは主人が居ないと言って、坂井芳夫は一人で戻ってきた。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 坂井は誰かと話しながら、寄ってくる規子に気づいて、軽く手をあげた。 勝目梓『媚薬』より引用
  • 坂井市に入ってからは豊かな穀倉地帯と少数の住宅地が断続的に広がる。
  • 明治めいぢのはじめには七八町しか隔たらぬ坂井の村が、野篠のじので見えなかつた。 横瀬夜雨『筑波ねのほとり』より引用
  • 坂井の遺児が大阪府警の警部補になっていることも不思議な縁に思えた。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • 将来的な児童数の減少による筑北村の坂井小学校との統合も検討されている。
  • あの霊を離れた交を、坂井夫人はいつまで継続しようとするだろうか。 森鴎外『青年』より引用
  • 坂井はそこを右へ曲る、宗助はそこを下へ下りなければならなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • 西区の坂井輪地区や内野地区は住宅地で路線バスも多く通行している。
  • こうした意見の一つには撃墜王として有名な坂井三郎中尉の回想がある。
  • 「その坂井屋さんにお糸という女はいねえかえ」と、半七は突然に訊いた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • きみは別れたつもりでも、坂井はそうは考えていないかも知れないじゃないか。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • 次へ »

坂井 で始まる単語