地表

全て 名詞
4,691 の用例 (0.01 秒)
  • それで、街道が森の地表より一メートルあまり低いところもかなり多い。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • そのはるか下には砂色の惑星わくせいの地表がひろがり、ゆっくりと流れていた。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • 地表の戦線のはるか地下では、両陣営からトンネルが複雑に伸びていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • そしてそのつぎの舞台はすでに地表をおおう火の海の下に用意されていた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 地表はようやくこのころ、陸と水とにはっきり分けられるようになった。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • そのころにはすでに、地表までの距離きょりはわずか四〇〇メートルにせまっていた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集04 同情できない四面楚歌?』より引用
  • その後我々はこの困難な地表の歩行をできる限り避けるように用心した。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • 空間が低く狭いので地表に腹を付けた匍匐ほふく状態のままさらに奥へと進んだ。 伊島りすと『ジュリエット』より引用
  • 地表の大部分は絶望的なまでに放射能で汚染おせんされ、用をなさなくなった。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • 最後に星空を目におさめたとき、船は地表から十メートルほど下にいた。 クラーク『渇きの海』より引用
  • 水銀はどんどん下降して、地表から十一キロの地点と同じ低さになった。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • このロケットは、いま地表に対して垂直に飛びあがっているわけだった! 海野十三『地球盗難』より引用
  • 基地の主要な施設は地下にあり、地表には金属の荒野が広がるばかりだ。 古橋秀之『サムライ・レンズマン』より引用
  • 降水が地表で直接河川に流れ込む以外に、地下水から川に入る水もある。
  • ずっと昔、一度だけ軌道塔から地表におりたとき感じたのと同じ浮遊感だ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 02 ささやかな戦い』より引用
  • 森をやっと抜けて川岸に出たとき、地表は既に深い闇に包まれていた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 惑星の地表は、地球がそうであるように、部分的に雲がかかっている。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • きみは、地表には特別の魅力があるに違いないと、いわなかったかね? K・H・シェール『地底のエリート』より引用
  • ドアをくぐってみると、そこには家の外の地表まで階段がついている。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『12 消えた怪飛行船』より引用
  • 山鹿素行は風が地表を移動する空気の流れである事には気づいていた。
  • 次へ »