地理

全て 名詞
10,131 の用例 (0.02 秒)
  • お兼さんは地理だけはよくみ込んでいたが、病院の名は知らなかった。 夏目漱石『行人』より引用
  • なるほど、ここは酒の密造には格好の地理的条件を備えていると思った。 伊佐千尋『検 屍 M・モンローのヘア』より引用
  • フランス人はその辺の地理にあかるく、人のいない場所へ連れていった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • メラの地理書にアフリカにいた人種の一つとして書かれたものであろう。 ポー/西村孝次訳『黒猫・黄金虫 他』より引用
  • 彼は地理の本の扉を開いて、そこに自分が書いておいたものを読んだ。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • 彼を打ちのめした地理学上の打撃にくらべてこんなものが何だったろう! ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 古代の調布は、地理的条件から狛江中心の政治・文化圏に含まれていた。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 01』より引用
  • 地理的にも大は日本から小は一市一村に至る僕等の出生地も拘束してゐる。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 戦争は地理の勉強になるとの原則があり、その効果はたしかにあった。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • 銀木は、大山街道あたりの地理を頭に思いうかべているようすであった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 補給も通信も意にまかせず、むろん敵地の地理を知ることもできません。 田中芳樹『銀河英雄伝説 04 策謀篇』より引用
  • 私はあわてて高校時代の地理の知識を喚起したが、どうもピンとこない。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • しかしこの書を地理書としてみれば、それらは大した欠点とはならない。 マルコ・ポーロ/青木富太郎訳『東方見聞録』より引用
  • 地理的な条件もあろうが、ここは核シェルター国家をめざしているのだ。 星新一『きまぐれ遊歩道』より引用
  • 地理学者は自分でもトゥーフォールド・ベイを見に行って来たのであった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 助手は将来、運転手になるため車のこと地理のことをおぼえていたのだろう。 吉村昭『東京の戦争』より引用
  • 彼女はまだこのあたりの地理ちり不慣ふなれだし、道中どうちゅう何があるかわからない。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • 自分は地理に通じているだけではなくて、過去の事柄にも通じている。 マン/佐藤晃一訳『トーマス・マン短編集2』より引用
  • 守山の出であるということだったが、余りよく地理には通じていなかった。 井上靖『星と祭上』より引用
  • そして多くは私を相手に、面白い歴史の話や地理の話をして聞かした。 豊島与志雄『黒点』より引用
  • 次へ »