地方原産

48 の用例 (0.01 秒)
  • 中国江南地方原産で日本では栽培により北海道函館以南に広く分布する。
  • 品種としては、イギリスヨークシャー地方原産の白色小型種に由来する。
  • 華中地方原産と考えられているが、現在は温帯・亜熱帯地域の世界各地でみられる。
  • トガニーは、カナダのクロンダイク地方原産のそり引き犬種のひとつである。
  • 地中海地方原産で、古くから中近東、アフリカ、インドで栽培された。
  • 数多くあるブドウの品種の中でも最も古くに確立したものの一つで、地中海地方原産とされる。
  • 植物は小さく描かれているが植物学的にきわめて正確であり、北方ヨーロッパ原産の植物なのか地中海地方原産の植物なのかを判別することができる。
  • 会津犬は、日本の福島県会津地方原産の日本犬のひとつである。
  • また、この地方原産の犬種としてキンタマーニ犬がある。
  • 地中海地方原産で、日本では全国に広がっている。
  • なお、伝統的に牧畜や酪農が盛んな地方であるが、世界的に有名な牛のホルスタイン種は、この地方原産ではない。
  • アンダルシア馬はスペインアンダルシア地方原産の馬である。
  • 中国の嶺南地方原産で、熱帯・亜熱帯地方で栽培される。
  • レベスクは、フランスのブルターニュ地方原産のセントハウンド犬種のひとつである。
  • 園芸植物として親しまれているカンパニュラは、同属植物で、主に地中海沿岸地方原産の植物を改良したものである。
  • チャービルはコーカサス地方原産であるが、ローマによりヨーロッパ中に広められ、現在では自生している。
  • 現在大多数を占めているいわゆる信州柴犬は、昭和初期の保存運動の中で、島根産の石号と四国産のコロ号を交配して作られたアカ号の子孫が長野県へ移入・繁殖されたものを源流としており、その呼び名からしばしば誤解を受けるが信州地方原産種ではない。
  • 山陰柴犬は、日本の山陰地方原産の日本犬種のひとつである。
  • なお近縁のギンバイカのことを天人花と呼ぶこともあるが、ギンバイカは地中海地方原産で、花は白く、耐寒性がある。
  • アリエージョワは、フランスのアリエージュ地方原産のセントハウンド犬種のひとつである。
  • 次へ »