地方に多く見られる

18 の用例 (0.00 秒)
  • また、が を脱落させてとなる現象が由利地方に多く見られる。
  • 後に葛西氏は東北地方の戦国大名となり、現在東北地方に多く見られる葛西姓の由来になっている。
  • 丙号に関しては関東地方に多く見られるもので、形状に規定が無い丙号は、他地域では形状や大きさが異なる場合がある。
  • 日本の東北地方に多く見られる習俗・民間信仰で、夏の恐山大祭で行われるものが特に知られている。
  • 現在では関東地方に多く見られる流れとして共通語化が進み、南部を中心に伝統的な方言が衰退し、主に首都圏方言が使われている。
  • 中世の関東地方に多く見られる阿弥陀信仰に基づく供養石塔で秩父青石製である。
  • シュレーダー地方に多く見られる姓である。
  • アジアなどのモンスーン気候の地方に多く見られる。
  • 和名は筑後地方に多く見られることによる。
  • この地方に多く見られる石灰岩の地形から、カルスト地形という地理学用語が生まれた。
  • 公家や寺社、諸藩の家臣の所領にも存在するが、最も代表的なのは江戸幕府が旗本の支配を確実にする事と彼らの江戸居住を義務付けたために、小禄旗本の知行地が集中した関東地方に多く見られる。
  • 船底材は最初期の準構造船においては単材を刳り抜いたものであるが、後に東北地方に多く見られるムダマハギ構造に進化し、最終的にははぎ合わせた板材に棚を追加し船梁で補強する棚板造りへと進化した。
  • ボルドー地方に多く見られる。
  • 温帯から亜寒帯地方に多く見られる。
  • 中国の華北地方以北及び西北地方に多く見られるが、特に北京市街ではその多くが胡同に面し、昔ながらの風景をしのばせる物として著名である。
  • 神仏に芸能を奉納する雨乞いは、近畿地方に多く見られる。
  • 一説には、刈谷藩主土井家と仙台藩主伊達家のつながりが強く、伊達家から養子も迎えていることから、仙台七夕祭りや秋田竿灯祭り、青森ねぶた祭りなど、東北地方に多く見られる宵に明かりを燈す様式の祭礼の影響があるのではないかともいわれるが、詳細は不明である。
  • また、動詞の基本形と融合して、「エガァ」、「ミラァ」、「クラァ」、「サ」のようになり、意思を表すことが南秋田地方に多く見られる。