地所を借り

7 の用例 (0.00 秒)
  • この男が何のためにこの島へきて小左衛門の地所を借りたか、だんだん意味が分つてきた。 坂口安吾『わが血を追ふ人々』より引用
  • この男は最近この村へ越してきて、それも渡辺小左衛門を頼つて、彼の地所を借りうけた。 坂口安吾『わが血を追ふ人々』より引用
  • もともと、この東分の人たちの多くは、反村長派の吉野さんという網元の地所を借りている人たちである。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • 金鍔次兵衛が飄然大矢野島へ現れて、渡辺小左衛門の地所を借りたのは、その時だ。 坂口安吾『わが血を追ふ人々』より引用
  • むろん、萱野家の地所を借りてゐる面々の会といふ意味を、なんでも一緒に、「さうせんかい」と洒落たつもりである。 岸田国士『荒天吉日』より引用
  • 医者になった息子の宗伯そうはくに開業させるため、神田同朋町に四十坪ばかりの地所を借りて、そこに十六坪ほどの家を作ってやり、その東どなりにこんどまた四十坪ばかり借りて、馬琴の書斎を増築したのだが、これらの費用を捻出ねんしゆつするために、八年間別居を余儀なくされたのだ。 山田風太郎『八犬傳(下)』より引用
  • というのも、自分のすすめで、コンスタンツェが、数年前から、ケルンテン門を出たところに小さな地所を借り、ちょっぴり野菜を作ていたからである。 メーリケ/浜川祥枝訳『旅の日のモーツァルト』より引用