地所の所有

6 の用例 (0.00 秒)
  • 北上地所の所有する不動産はすべて頭の中に叩きこんである。 馳星周『生誕祭(下)』より引用
  • 第二、タオ・ガンはリン邸の隣の地所の所有者を見つけ出す。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • ピンチョン大佐はただもう死んで硬直している男の握りしめた指から、その地所の所有権をもぎ取ってしまったようなものだった。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • この地所の所有者は確かに抵当権証券が焼失してしまった場合よりも遥かに生活は悪いに違いないが、しかし絹製品、広幅布、綿製品等供給した工業者や労働者は、これを焼いたとて何の利益も受けそうもなく、富裕になった所有者の欲求や嗜好が従前の需要を恢復するようになるまでにはかなりの時日がかかるであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • その地蔵さんは、嘗てうち捨てられていたのを、あの地所の所有者の祖母に拾い上げられ、そしてまたうち捨てられていたのを、今度また拾い上げられて世に出たのであって、地蔵さん自身が延命したという意味なのです。 豊島与志雄『霊感』より引用
  • さて、地蔵さんのことですが、その地所の所有者は遠くに住んでいましたので、問い合せてみますと、地所は売りに出してありますし、地蔵さんは適宜に処置してほしい、との返答でした。 豊島与志雄『霊感』より引用