地所のこと

9 の用例 (0.00 秒)
  • 今一度は古い地所のことで。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • コマンドリーは、キリスト教騎士修道会が所有した地所のこと。
  • 半蔵は覚えがあろう、あの地所のことでは金兵衛さんが大変な立腹で、いったい青山の欲心からこんなことが起こる、末長く御懇意に願いたいと思っているのに今からこんな問題が起こるようでは孫子の代が案じられるなんて、そう言っておれを攻撃したそうだ。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 以前、印鑑とか権利証をどうこうしたとかいう話を聞いていたが、それは伊豆の地所のことだったわけだ。 南里征典『赤坂哀愁夫人』より引用
  • この地所は、ド・ラ・モール侯爵のあらゆる所有地のなかで、あの有名なボニファス・ド・ラ・モールに属していた唯一のものだったから、侯爵は特にこの地所のことには心をつかっていた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • きみはわしの友人のピーター・ホーキンズの手代として、わしがこんど新しく買い入れたロンドンの地所のことで、はるばるここへ来てくれたお人じゃが、そのことだけでなく、まあしばらくここにいてもらって、おたがいに話しあううちには、わしもなんとか本場の英語の抑揚が会得えとくできようかと、こう思うてな。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • イレンカトムは、涙をこぼしながら、息子が行ける処まで行って見ようと云って出掛けた報知を受取ると、直ぐ、昔から親切に家畜や地所のことで世話をしてもらっている山本さんという家へ出かけた。 宮本百合子『風に乗って来るコロポックル』より引用
  • 通訳が見つかったので、その通訳にパホームが地所のことで来たむねを告げると、バシキール人たちは喜んでパホームを抱きあげるようにして立派な天幕へ案内し、毛氈もうせんの上に坐らせて、尻の下に羽根蒲団をあてがってやり、そのまわりに車座になって、茶や馬乳でもてなしにかかった。 トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集2「人間にはたくさんの土地が必要か」』より引用
  • ベニ・ズグズグス族の原住民官吏が、ちょっとした地所のことでミリアナの一ユダヤ人といざこざを始め、両者ともこの紛争をシドマールのところに持ち込んで、その裁きに服そうということになった。 ドーデ/村上菊一郎訳『風車小屋便り』より引用