地所

全て 名詞
1,335 の用例 (0.01 秒)
  • 全体は五百坪ぐらいの広い地所で、右手に大きな二階建の住居があった。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 母はごく最近わが家のものになった、田舎いなかの地所へすでに出かけていた。 アポリネール/須賀慣訳『若きドンジュアンの冒険』より引用
  • この祭りは毎春メノキンの地所で開催され、数千の見物客を集めている。
  • 群山の話の口調が、彼の地所に家を建てた男にそっくりであったから。 佐左木俊郎『都会地図の膨脹』より引用
  • しかし当時、外国人の土地取得は地所質入書入規則により禁止されていた。
  • そしてその地所そのものに、ある奇妙で風がわりな特徴があったのです。 クリスティ/山崎昂一訳『ミス・マープルのご意見は?1』より引用
  • 各地に広大な地所を所有していた従兄弟たちが、人民裁判にかけられた。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • 京橋の方に地所をもち貸しビルを持っているので、大変におかねもちだ。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • その上いけないことには、その地所は鍵の手に板塀で囲まれていた。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 君は、コルメイユの町はずれに僕がもっていた地所を知っているだろう。 モーパッサン・ギ・ド『狂女』より引用
  • この家なんかもそうですが、ここいらはみんな蓮華院の地所なんですよ。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • 樹立や壁から遠いところに何も生えていない四角な地所を用意したの。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • この辺の地所もまたこの湖も、みんな父親のものだとジーナがいうのです。 橘外男『墓が呼んでいる』より引用
  • この地所が君のものなら、勝手に君のものにしたらいいじゃないか。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • この広い地所に、人間が五家族、牛が三千五百頭、馬が五十頭住んでいる。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 窓から、ガラス越しに、同じ地所内に建っている妹の新居の灯が見えた。 平岩弓枝『パナマ運河の殺人』より引用
  • 馬車や地所を買うようなことだったら、この連中に相談したかもしれない。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • あたしは自分の地所を持ってる男が欲しいんだよって、あの人に言ったんです。 フーリック/大室幹雄訳『中国黄金殺人事件』より引用
  • 福岡地所の関連会社のパークプレイス大分株式会社が管理・運営している。
  • その道の先のほう、一軒の家の塀も何もない地所の中にトラックが止まっていた。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 次へ »