地形

全て 名詞
10,741 の用例 (0.02 秒)
  • その町にはあまり行ったことはなく、ぼんやりした地形の記憶しかない。 藤沢周平『夜消える』より引用
  • 国都ヘラートの地形が、彼らの心理に影響を与えているのかもしれない。 田中芳樹『アルスラーン戦記09』より引用
  • パイロットは、その間に付近の地形を頭に入れておくよう、命じられた。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • しかしあれはたしかに能登半島だし、こちら側の地形も変ってはいない。 半村良『戦国自衛隊』より引用
  • しかし、そこに示された地形は地球のどの地方とも似てはいなかった。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • 彼は地図を砂の上に置いて、三軒の家とその付近の地形を眺め廻していた。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • そのせいで当時の中国人たちは、日本の地形を完全に誤解したのである。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 現在の松浦という言葉と用字は、いまの地形や風景をいい得て妙である。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 夕方になるまでに、地形を見ておこうと考えて、山のきわに出て行った。 高木俊朗『インパール』より引用
  • しかし地形をよく踏査した今となっては、そんな心配は杞憂きゆうだとわかる。 小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』より引用
  • その風の音で、彼等かれらがビバークしている近くの地形をほぼ想像していた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 上から地形を俯瞰ふかんして各部隊長に関係位置を把握させようというのである。 五味川純平『ノモンハン(上)』より引用
  • 地形は地図と一致していて、とまどったり迷ったりすることもなかった。 星新一『ちぐはぐな部品』より引用
  • この地形ならば、風のひとつをとっても複雑なうごきをしていましょう。 井上祐美子『五王戦国志1 乱火篇』より引用
  • この辺の地形からみて我々が都市跡に近づきつつあることは明らかであった。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • 全高八メートルの人型をしており、あらゆる地形を走破そうはする能力がある。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集04 同情できない四面楚歌?』より引用
  • 地図を何枚か張り合せるのは、遠くの地形を見るためだろうと思った。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • その地形読み取り装置は、あのダモクレスの剣にも導入されたのですか? 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • 以前とは地形もまるで変っているし、特に見る物は何もありません。 吉川英治『随筆 宮本武蔵』より引用
  • 加えて、この間は地形も悪いから燃料消費も大きいと考えなくてはならない。 谷甲州『惑星CB 8越冬隊』より引用
  • 次へ »