地底旅行

31 の用例 (0.00 秒)
  • ジュール・ベルヌの小説『地底旅行』を初めて映画化した作品である。
  • 昨日の晩もこれを持ってくりゃよかったが、まさか、地底旅行するとは思わなかったもんな。 菊地秀行『トレジャー・ハンター01 エイリアン秘宝街』より引用
  • 翌日、八月二十七日、木曜日は、この地底旅行にとって記念すべき日であった。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • かくて、教授とアクセルと山案内人のハンスとは、前代未聞の地底旅行に出発する。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • ぱっくり開いた傷口のようすは、たとえば地底旅行をしているようなもので、普段見慣れたおのれの顔の下にひそんでいる異界の光景だ。 中島らも『今夜、すべてのバーで』より引用
  • これは作家としての彼の新しい生涯の出発点であり、つづけて出版された『地底旅行』、『月世界旅行』はますます彼の人気を高めて行った。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • しかし、ぼくとしては、今日の時点で『海底二万リーグ』や『地底旅行』を読む人たちに、その後のヴェルヌのたどった道をいくらかでも知ってほしいのである。 ヴェルヌ/村上啓夫訳『海底二万リーグ(下)』より引用
  • スナイフェルスヨークトルはフランスのSF作家ジュール・ベルヌの小説『地底旅行』に登場することでも知られている。
  • そして、当時としてはまったくの空想でしかなかった、空中、宇宙、海中、地中の旅行を、彼は敢然として彼の主人公たちに行わせたわけだが、そのうち現代になってもいまだに実現できないでいるのが、この『地底旅行』である。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • その中にマックスが書いた謎のメモが記されたジュール・ヴェルヌの『地底旅行』を発見し、マックスはアイスランドに行ったとわかったため、ショーンと共に向かう。
  • と同時に残されたマックスのメモから、まもなく摂氏90度を超えてしまう事を知り、『地底旅行』の本に書かれている間欠泉から地上に出るために、3人は筏をつくって海の横断へとこぎだす。
  • この小説は『驚異の旅』叢書の五作目で、それまで気球旅行、地底旅行、月世界旅行と、主として科学的空想の旅を繰り広げてきたヴェルヌが、地球上の僻地へきちと海と悪人を相手の冒険を描いた初期の作品である。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 三歳のとき、ティオティワカン遺跡の地下にひそむ大トンネルヘもぐってこの方、ヴェルヌの「地底旅行」そこのけの体験を、手指足指の倍ぐらいは経ているのだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター01 エイリアン秘宝街』より引用
  • 明治十八年に出た三木愛花、高須治助共訳の『柏案驚奇地底旅行』がこの小説のわが国での最初の刊本のはずだ。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • このアトラクションはミステリアスアイランドにあり、フランスの小説家ジュール・ベルヌの代表作『地底旅行』を原作とし、1959年にヘンリー・レヴィンによって製作された映画をモチーフにしている。
  • 最後に当たって、つけ加えておかなければならないが、この『地底旅行』は世界中に一大センセーションをまき起こした。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • SFに興味を持つきっかけになったのはジュール・ヴェルヌ『地底旅行』で、その後アーサー・C・クラークの『2001年宇宙の旅』で本格的にSFにのめり込むようになった。
  • これらが音楽的にも商業的にも大成功を収め、またイエス加入後に発表したソロ・アルバム『ヘンリー八世の六人の妻』、ジュール・ヴェルヌの名作SF小説『地底旅行』をテーマにしたライヴ・アルバム『地底探検』もヒットしたこともあって、リック・ウェイクマンの名はプログレッシヴ・ロックのファンに知れ渡ることとなる。
  • ジュール・ヴェルヌは1864年に出版した小説『地底旅行』において地底からの脱出口をストロンボリに設定した。
  • 以後、『地底旅行』『月世界旅行』『海底二万リーグ』『八十日間世界一周』など、当時の科学技術の知識と豊かな空想をまぜあわせた多数の作品を残しました。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 次へ »