地底国

32 の用例 (0.00 秒)
  • そういう地底国とか竜宮のような話はケルト族の伝説の中にもたくさんある。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 竜宮りゆうぐう伝説はそれが海の下になっているだけで、結局地底国伝説の一部と考えていい。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 多分、地底国伝説はそういうようにして成立したんだろう。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 一方ジョンと耳男は独自に地底国へたどり着き、ビルたちを救出して地上へ逃げ帰った。
  • その時代には、黄泉とか竜宮などという種類の地底国伝説は、想像もできないくらい広く根強く信じられていたのだろう。 半村良『楽園伝説』より引用
  • ヤムリカ女王の地底国に行った人間は腹の皮が黒くなり、その症状は湯につかったときにはじめてあらわれる。
  • 前述の欠点が不評だったためか、「のび太の地底国」で登場するものは透明な部分がなく、通常の家同様に四方が普通の壁に囲まれ屋根もある家となっている。
  • これは手塚が従来の児童漫画の枠を覆すために商業誌においては『地底国の怪人』から意識的に始めた手法であり、後には劇画でも当たり前の要素となった。
  • どこでもホールは、「のび太の地底国」、『のび太と竜の騎士』に登場する。
  • その回廊は地変によって間もなくとざされたが、長く古代人の記憶に残ってアガルタをはじめとする、さまざまの地底国伝説を生んだ。 半村良『楽園伝説』より引用
  • これを機に地底国との全面対決を決めたジョンは、大学から派遣されたという少女技師ミミーや警察と協力してハム一味に逆襲し、彼が女王と密談する秘密基地を攻めた。
  • ポータブル国会で自分だけが得をする法案を提出する、地底国を築いた際に首相となり好き勝手に独裁政治を行う、出木杉を陥れようとする、道具の力でしずかを自分のものにしようとするなど、短慮で自己中心的な行動もしばしば見られる。
  • すると火焔竜は地底国に引き返し、地底国を攻撃、地底国は火焔竜と共に壊滅した。
  • 劇中、実際に地底国に行った志摩と豪はドロンジャーに抑圧される一般の地底人たちを目にしており、後に地底人のロマンダにより地上侵略は支配階級である地底魔人の方針であり、地底人の総意ではない事が語られている。
  • バンホーの案内でのび太たちは地底国の首都・エンリルで保護されていたスネ夫と再会したが、首都観光の最中にのび太が乗った恐竜の暴走によってみんなからはぐれてしまう。
  • 地上人を憎む地底国の女王は、救助隊のひとりハム・エッグ技師長を宝石で買収し、地上攻撃のための手下とする。
  • ただし、後に手塚がまとめたスター名鑑の中では、本作品で商業デビューしたハム・エッグのデビュー作は「地底国の怪人」ではなく「トンネル」と記されている。
  • 彼らは、緑の貴婦人の勧めで巨人国を訪れるが、来るべき祭りのごちそうが何かを知って命からがら逃げ出し、地底国に逃げ込む。
  • やがて火焔竜を追ったイサム達は、地底国にたどり着くが、捕らえられて牢獄に閉じ込められる。
  • 手塚自身は長編単行本の初期二作である『新宝島』『火星博士』は「まだ戦前の漫画本のにおいを残している」とし、劇的なプロローグや初めてアンハッピーエンドを導入するなどした第三作の『地底国の怪人』を「いわゆるストーリー漫画の第一作」と位置づけている。
  • 次へ »

地底国 の使われ方