地底の神殿

6 の用例 (0.00 秒)
  • あの地底の神殿を垣間かいま見たのは、津野田と左織だけであった。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • いつ地底の神殿内にはこびこまれたのでしょうか、たぶんアーダムが石室内でおのれの夢と対面している最中だったのでしょう、予期していなかっただけに魂消たまげました。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • 地底の神殿には二十数名ほど、アーダムの殺戮さつりくをまぬかれた秘儀参入者の生きのこりがあって、これらがアーダムと蛇のジンニーアの下知のもとに連絡係として動いたのです。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • 脱出を図るために、巾着からつぎつぎと魔石をつかみだして岩盤に放つと、地底の神殿は煙幕につつまれます。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • そして、ついに、地底の神殿にアーダムいがいの人間が影をひそめるころ、輔佐があまさず果てるころ、アーダムはおのれが満足できるだけの絶大な魔力を手にしました。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • 邪教の本尊をおいたゾハルの地底の神殿に、肉体の残骸ざんがいが二十、三十、四十とつみ重なって、つみかさなって、酸鼻のきわみ。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用