地底の町

13 の用例 (0.00 秒)
  • 住む家もろくにないくせに、あの地底の町を守ることに夢中になっている。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 彼を追っている連中は、みなあの地底の町に裏切られている者ばかりだった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 地底の町はそこで第二の時期へ入った。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 地底の町に対する現実的な需要が発生したのだ。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 多分彼は地底の町の秘密をぎつけたのだろう。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 考えてみるとここは地底の町だ。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 地底の町へなら、いくらでも品物を売りつけられると踏んだのだろう。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 地底の町のことを、知っている限り洗いざらい書いた。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 地底の町に本格的な入居が始ると、ついに公共の為の実験場であるという名目では言いのがれ切れなくなった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 工藤にはだんだんこの地底の町の仕組みが判って来た。 半村良『都市の仮面』より引用
  • とぎれとぎれに、愛の言葉のかわりに地底の町の断片を語りながら、工藤のセックスを賞味しているようだった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • このマンモス都市東京をまかなうため、電気、ガス、水道その他、多くの公共施設が建設され続けて来たが、その最もコストの高い部分は、一般市民と全く関係のない地底の町を支える部分だったのだ。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 地底の町をあばきたてるべきだったのだ。 半村良『都市の仮面』より引用