地底

全て 名詞
1,849 の用例 (0.01 秒)
  • 地底人とは、地下の空間に生息する架空の人間以外の人類的生物のこと。
  • 映画の内容は、地底の虫のような生物と戦うネバダの人々の物語である。
  • なんか扱いが天空てんくうしろ地底帝国ちていていこくほどちがう気がするのは気のせいだろうか。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • あの太った娘はもう地底で待つ祖父のもとへ帰っていったのだろうか? 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • ここに一つの奇妙な死骸が、地底七百メートルの坑道の中で発見された。 海野十三『宇宙戦隊』より引用
  • この戦いは、この地底世界を賭けた大戦争の歴史的な発端となるだろう。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • 相手を倒した後のデモにはその後の地底人登場の伏線となる描写がある。
  • とにかく、そんなことはこの地底世界ではどうだっていいことではないか? バローズ/関口幸男訳『栄光のペルシダー』より引用
  • 六文銭は千番に一番の兵法を闇黒の地底に展開しはじめたのである。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • これは三吉の地底機関車が東京百貨店跡から地上に顔を出したのであった。 海野十三『地中魔』より引用
  • この傷ついた地底の叫びに匹敵する音は、歴史上かつて存在しなかった。 ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • TV版では地底都市として存在し、人工太陽で都市全体を照らしている。
  • なんとSR388の地底を調べに向かった調査隊が失踪したというのだ。
  • 祖父は地底の地図を作成するために、このあたりはすみから隅までまわったの。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 住む家もろくにないくせに、あの地底の町を守ることに夢中になっている。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 燃えたぎって赤く溶けている地底が、目の前の山から噴出して来るのだ。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • この地底では忘れられがちな事実だが、地上はいま夏にあたっている。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • やつには新京の地底に出没する鬼を退治させたのち、ついで加藤も殺せ。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • そして、あの真っ白な光は、この地底湖の底からあふれ出ているのだった。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • それによって戦いは終結し、地上の人間たちは地底に移住していった。
  • 次へ »