地層累重の法則

17 の用例 (0.00 秒)
  • この認識によって、地層累重の法則から、月の衝突の歴史が徐々に明らかになってきた。
  • 地層累重の法則とは、地層は基本的に万有引力の法則に従って、下から上に向かって堆積するという考え方のことである。
  • 彼は、堆積岩中に共通して含まれる化石を地層同定の手段とすることで、離れた地域間での地層の対比が可能とし、地層累重の法則とあわせることで、地層の発達において前後関係を比較可能な時間的尺度を与えられることを、実際に地質図を作成することで証明した。
  • 層序学においては、断層や褶曲などによって地層の逆転が起こっていなければ、万有引力の法則にしたがって下にあるものほど古く、上にあるものほど新しいという地層累重の法則が利用される。
  • 地層は本来、地層累重の法則に従って下から順に重なっていくものであるが、長い年月のうちに表面が植生に覆われて断片的にしか観察できなくなったり、さらに地層そのものが変形したり、断片化したり、一部が失われたりするので、できたままの地層をすべて見ることは難しい。
  • 彼は、グラールスの露頭では古い地層が新しい地層の上位に重なって露出しており、地層累重の法則に反していることを発見した。
  • このことを利用し、たとえば、地質学における「地層累重の法則」などは、考古学にも応用されて多大な成果をあげている。
  • 褶曲は、野外の地質調査で見落とすもしくは判別できないと、地層累重の法則が適用できない場合がある。
  • 層位学的研究法とは、地質学における「地層累重の法則」、つまり、より新しい地層はより古い地層の上に重なるという原則をもとにしており、同一地点においては、上層の方が新しい年代を示し、下層の方がより古い年代を示すであるという前提のもとに、遺構や遺物の新旧関係、相対年代を考えていこうとする研究方法である。
  • この法則と地層累重の法則を組み合わせることで、地層に化石による層序に基づいた相対的な時間尺度が与えられる。
  • これを地層累重の法則と呼ぶ。
  • 地層同定の法則とは、同時期に堆積した地層にはそれに特有な化石が含まれ、その化石によって地層の時間的位置や、離れた地域間において同一時期に堆積した地層を同定できるというもので、地層累重の法則と並ぶ層位学の基本法則である。
  • この結果、付加体内部は並行する多くの逆断層を有し、逆断層を挟んで新しい堆積物が古い堆積物の下に潜り込んでいるため、地層累重の法則に反する構造を取る。
  • また、地層は堆積するときは水平であること、地層累重の法則などから、地層がいつ堆積したか、侵食されたり、傾いたり、褶曲したり、断層ができたり、溶岩が貫入したのはいつかなどということを推定することができる。
  • 層位学的研究法においては、地層が撹乱されていない限り、地質学における地層累重の法則が応用されるが、人為的な遺構廃棄の痕跡である「切り合い関係」が確認されれば、それも新旧の判断に用いることができる。
  • 同年、八幡と共に小川貝塚・三貫地貝塚を調査したが、同じ頃にモンテリウスの『考古学研究法』の原著を読み地層累重の法則を知ったほか、松本彦七郎の層位学的研究法に興味を持ち、小川貝塚の調査後すぐに、仙台の松本彦七郎の研究室を訪れている。
  • 炭鉱の鉱脈調査、石炭を運ぶための運河の建設や農地の改良といった仕事を手がけながら、様々な地層やそこに埋まっている化石を観察した結果、スミスは地層累重の法則と示準化石による年代決定法を編み出した。