地層の堆積

6 の用例 (0.00 秒)
  • これにより地層の堆積した年代、状況が特定された。
  • 化石が発見された地層の堆積物から、この生物は湖沼など陸水系に生息していたと推定される。
  • 示相化石とは、その化石が含まれる地層の堆積環境を明確に示す化石のことである。
  • 岡山県北西部一帯は中生代三畳紀の泥岩・砂岩の上に、古生代の石灰岩が重なっている場所があるが、これは一般的に行われる地層の堆積順序からすると不自然なことである。
  • また、離れた地域間で異なる岩相をもつ地層の堆積年代を判断する手段として、示準化石と呼ばれる特定の化石を指標に用いることがあり、これは地層同定の法則をその根拠としている。
  • この翼竜が産出したサンタナ累層は、本来なら地層の堆積方向に押しつぶされてしまいがちな翼竜化石が立体的な形状を維持したまま見つかることで有名であり、アンハングエラも身体のほとんどの部分が3次元的に保存されていた。