地層である

64 の用例 (0.00 秒)
  • 比較してイングランドの地層である可能性のほうが高い。
  • 南部の沖積層は、約1万年前以降にできた比較的新しい地層である。
  • 古いほうの下から竜の口層、向山層、大年寺層という鮮新世の地層である。
  • これは仁科層群・湯ヶ島層群に次いで、伊豆半島で3番目に古い地層である。
  • 代表的なものに堆積岩の地層である四万十帯がある。
  • 収集地は義県累層九佛堂層に属し1億2450万年前の地層である。
  • 軟弱な地層であり、N値は非常に小さく、一桁以下であることは珍しくない。
  • 主に堆積層がその対象層であり、同一時代に堆積した地層であることがその要件である。
  • このため個々の地塊の中では北部ほど新しい地層であるが、全体としては南部ほど新しい地層となっている。
  • ウミユリの化石が多く見つかるのは、約2億5000万年前の地層である。
  • 的矢層群は四万十帯の一種であり、中生代の地層である。
  • 地下は完全に平行に配置された地層である。
  • コラは、九州の薩摩半島南部に見られる火山灰からなる地層である。
  • 海溝から遠い大陸側のほうが古い地層である。
  • アズキ火山灰層は大阪層群に見られるうすいこげ茶色の地層であり鍵層となっている。
  • 恐角目の化石が発見されているのは、基本的に北アメリカとアジアの、暁新世後期および始新世の地層である。
  • 表土は最も古い岐阜県・長野県付近でも約2億4000万年前のもので、地質学的に見ても新しい地層である。
  • ボラは、九州の大隅半島北部に見られる軽石からなる地層である。
  • その境界に生じた付加体が陸化しているので地質の分布は東西の帯状に広がり、北部の方が南部よりも古い時代の地層である。
  • これは「台地面形成層」を堆積させる土台となった地層である。
  • 次へ »

地層である の使われ方