地層が堆積

13 の用例 (0.00 秒)
  • その時期にサンゴ礁が形成されたことで石灰質の地層が堆積した。
  • これはクレーターがペルム紀の地層が堆積しているあいだに形成されたことを示す。
  • つまり、浅い海底に数千メートルの地層が堆積したことになる。
  • しかし、表層には古生代層だけではなく、その後の第三紀の地層が堆積している。
  • 化石から、その生物の生きていた環境を推定することができた場合、その化石の存在により、その地層が堆積した時の環境を推定できる。
  • そのようなところに、再び水平に地層が堆積したりする。
  • 爆発の痕跡として周囲に凝灰角礫岩の地層が堆積している。
  • 日本では地層が堆積した年代から、白亜紀の語源となったほか、黒板に用いるチョークの語源にもなっている。
  • 地層が堆積した環境は、下位では川や沼などの淡水であるが、上位では海に棲む貝の化石が発見されるので、海であったことが分かる。
  • ここには1mもの紅い砂岩の地層が堆積している。
  • 堆積盆地とは、地層が堆積する盆のようなところで、ここの岩石が地殻変動で褶曲し、馬の背のような形のように盛り上がった地質構造の上部にガス、油、水が軽い順に移動、濃集したものを油田と呼ぶ。
  • 地質学的にはアルプス山脈より古く、古生代~中生代に浅海の地層が堆積した。
  • この分水嶺は更新世の地層が堆積しており、東西は200キロメートル、南北は150キロメートルに亘って広がり、標高は200~500メートルである。