地層から化石

14 の用例 (0.00 秒)
  • 山口県の50万年前の地層から化石が発見されている。
  • 日本を含むアジア地域には現生のガー科魚類はいないが、北九州の白亜紀の地層から化石種が発見されている。
  • いずれもイタリアにおける始新世の地層から化石が報告され、ヒシダイ科と近い関係にあることが示唆されている。
  • イギリス領アンギラにある更新世の地層から化石が発見されているため以前は小アンティル諸島にも分布していたが絶滅し、後に人為的に移入されたと考えられている。
  • 日本でも最古といわれる古生代の地層から化石が多数出ており、近年ではジュラ紀の恐竜であるイグアノドンの歯の化石が発見された。
  • ジュラ紀の地層から化石が発見されている。
  • 日本のコイは大昔に中国から移入された「史前帰化動物」とされたこともあったが、琵琶湖など各地に野生のコイが分布し、第三紀の地層から化石も発見されていることから、やはり古来日本に自然分布していたとされる。
  • 本種はヒメクサアジ属と近縁の絶滅種で、イタリア北部の地層から化石が出土している クサアジ科にはNelsonの体系において2属2種が認められている。
  • ドイツにある暁新世、ハンガリーにある中新世、ルーマニアにある鮮新世の地層から化石種が発見されている。
  • 確認される最古かつ原始的なコウモリはアメリカ合衆国ワイオミング州産のオニコニクテリスで、始新世初期の地層から化石が発見されている。
  • 道内の中川町及び小平町、兵庫県の淡路島、香川県の和泉層群など日本の中生代の地層から化石が発見されている。
  • 古生代カンブリア紀の地層から化石が発見されている。
  • ネコ上科 Aeluroideaに分類される絶滅種パラエオプリオノドン Palaeoprionodon は、始新世の後期或いは漸新世初期のヨーロッパとアジアの地層から化石が発見されているが、現代のフォッサに似た外観をもっている。
  • 流域にはとくしま水紀行50選に選定されている立川渓谷があり、この渓谷では日本でも最古といわれる古生代の地層から化石が多数出ており、近年ではジュラ紀の恐竜であるイグアノドンの歯の化石が発見されている。