地層から出土

21 の用例 (0.00 秒)
  • 言葉はちょうど何層も昔の地層から出土する遺跡のように、文化の伝承経路を物語ってくれる。 米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』より引用
  • コイ科魚類の最古の化石は、アジアにおける始新世の地層から出土している。
  • しかし、期待に反してその答えはどれも的を外しており、魚か哺乳類の歯だと言う人や、白亜紀の地層から出土したものではないと判断する人がほとんどであった。
  • また古い笛としては、およそ3000年前の地層から出土した骨を利用した笛があり、現代のリコーダーのような形をしている。
  • この時代の地層から出土したライムギの種子を放射性炭素年代測定などで分析した結果、亜旧石器時代にはすでに野生種から栽培種となっていただろうことが明らかになった。
  • 古生代石炭紀後期の地層から出土したヌタウナギ科の唯一の化石種は、多くの点で現生種と変わらない形態を有していたが、その眼球は現存するヌタウナギ類とは異なる機能的なものであった。
  • この標本はジュラ紀中期の地層から出土したため、これがディモルフォドン属であることが確実ならば、その分布域だけでなく生息年代も大きく広がることになる。
  • ボリビアのマーストリヒト期から暁新世にかけての地層から出土した3属は絶滅科 Andinichthyidae 科としてまとめられているが、現生の35科との関係はよくわかっていない。
  • 本種はイタリアにおける始新世の地層から出土し、背鰭・臀鰭の棘条が明瞭に残されている 前述のように棘鰭類の分類体系は揺れているが、何らかの見直しが必要であるという認識は共有されている。
  • 上・下2つの地層から出土した。
  • 最も古い時代のカラシン目魚類の化石は後期暁新世の地層から出土しているが、白亜紀前期のものとみられる化石がブラジルから報告されており、この化石がカラシン目と同定された場合には最古の骨鰾類ということになる。
  • それどころか、弥生時代に先行する縄紋時代の地層から出土した土偶には、当時の人々がパンツを着用していたのでは、と思わせるものさえある。 米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』より引用
  • 発見された化石のほとんどはドーセットやグロスターシャーなどグレートブリテン島南部のジュラ紀前期の地層から出土している。
  • 主にカンブリア紀の地層から出土する化石として知られ、中国、アメリカ、カナダ、ポーランド、オーストラリアなどで発見されている。
  • 起源は古く、ペルム紀の地層から出土した、哺乳類の祖である初期獣弓類の化石に洞毛の痕跡が認められる。
  • また、澄江で発見されたミクロディクティオンの化石は、カンブリア紀の地層から出土していた微小硬骨格化石群のひとつの正体を特定することにつながった。
  • アイダホ州ヘイガーマンの近くで見つかった化石は、ヘイガーマン化石層群の約350万年前、鮮新世の地層から出土し、元々はプレシップスの近縁種のものと考えられていた。
  • 中生代三畳紀の地層から出土した。
  • 槇山が東京大学で地質学を専攻している1920年代には、横山又次郎と矢部長克らが、第四紀の地層から出土する貝化石から推定される日本の気候についての論争を繰り広げていた。
  • 日本において、層位学的研究を用いて、ひとつひとつの地層から出土した土器の編年研究を、ねばり強く進めたのが、山内清男、八幡一郎、甲野勇らであった。