地図

全て 名詞
15,538 の用例 (0.02 秒)
  • 旅行好きの友人は私にそう言って、靴屋までの地図を書いてくれました。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 地図を眺めては名前だけ知っている国々を旅行することを夢想していた。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 兄はアメリカの地図を半透明にして、ヨーロッパの他図に重ね合わせた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • ドイツと日本が世界地図から消されて、この大戦が終わったとしてもだ。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 普通の地図には出ていませんが、実はそこに一つの小さな島があるのです。 海野十三『怪塔王』より引用
  • その地図にある防火線とさ あとからできた防火線とがどうしてわかる? 宮沢賢治『春と修羅 第二集』より引用
  • 彼は食堂のテーブル一杯に地図をひろげて何日もそれを検討して過ごした。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • 地図の下の方を見ると、一つの小さな島が別に仕切りをして載っていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 幸い明治十七年の参謀本部の地図にはその区画がほぼそっくり残っている。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 寝室しんしつのテーブルに自転車旅行者用のこの付近の地図があるだけです。 ドイル/延原謙訳『恐怖の谷』より引用
  • すると、一度は明瞭になったと思った頭のなかの地図がまた乱れだした。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • ロシア語をやっていると、そういう情報地図が出来てくるんですよね。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • この本はそういう地図を皆さんにお見せするために書かれるのであります。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • あわててしまったので、アパートでは道路地図を見ることができなかった。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 地図で見ると兄弟島デイブルーデルというのらしい、どちらが兄だかわからなかった。 寺田寅彦『旅日記から』より引用
  • それから、彼らは地図の本を開いて、どこかの地図をしらべにかかった。 チェーホフ・アントン『少年たち』より引用
  • この葉っぱが地図ならば、意味もなく穴が空いているはずがないと思う。 篠崎砂美『お隣の魔法使い1 ~始まりは一つの呪文~』より引用
  • 彼はまるめた地図を開いて妙な記号のばらまかれたあたりをさし示した。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『16 コンピューター戦争』より引用
  • 川はやっと川の姿に戻ったが、地図上で期待したほど美しい溪相ではない。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • しかし古い地図を見ると直接に温泉へ出るように道が記してある。 木暮理太郎『黒部川奥の山旅』より引用
  • 次へ »