地味な印象

60 の用例 (0.00 秒)
  • 孫家四兄弟の中ではこれといったエピソードがなく地味な印象があるが、子孫たちは繁栄している。
  • 精神的な支柱となった人物像もなく、レース活動も無縁と地味な印象に終始した。
  • 東北というとそれだけでひなびた地味な印象でとらえられる。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 西脇は、芸能プロダクションの社長にしては、ひどく地味な印象の男である。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 青島は男子の中では一番小柄で、地味な印象の少年だった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 10 もうひとつの撤退戦』より引用
  • だがそれでも地味な印象は受けなかった。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 黒と白の毛糸で織ったチェックの服はずいぶんと地味な印象で、型も古めかしい。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • レイフォンを見ればさっぱりとした服装で、むしろ地味な印象だ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス11 インパクト・ガールズ』より引用
  • 白井に比べると、堀の仕事や作品はどちらかといえば地味な印象だが、歴史に残る優れた作品を数多く作・演出している。
  • 地味な印象で実際普段は全然目立たないけど、休み時間などに四人くらい集まるとアニメや漫画の話を離れていても聞こえるくらいの声で楽しそうにしている。 平坂読『ラノベ部 第2巻』より引用
  • 二週間前に亡くなった卒業生は松井信まついしんという浪人生で、部活などにも所属していない地味な印象の生徒だった。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 日本のクワガタムシは、ほとんどが黒または赤みがかった黒であり、地味な印象がある。
  • いかにも高血圧タイプの前田とは対照的に、学校の教師のような、地味な印象を与える。 赤川次郎『ハ長調のポートレート』より引用
  • はにかんだ表情で受け答えしている、地味な印象の少女だ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第08巻 駆け落ちは月夜を待って』より引用
  • 全体的に地味な印象のアルバムであるが、1970年代の頃のプログレッシヴ・ロック・サウンドを取り戻そうとするかのような奥行きのある音作りがなされている。
  • シベリア鉄道は旧ソ連の影響で地味な印象が強いものの、最近では様々な塗装の車両が導入されており、海外と直通運転している事もあり、種類は豊富である。
  • 権兵衛は、最初からの夫人の地味な印象とは別な一面を、ちらりと見たような気がして、おや、と思った。 山田風太郎『エドの舞踏会 山田風太郎明治小説全集8』より引用
  • 妻窓を含む扉以外の各窓の上部幕板部に円弧を描く優美な飾り窓を設けていた先行形式とは異なり、通常の2段上昇窓とされたため、いささか地味な印象を与える外観となっている。
  • 最近は制度が変わって、トップを経験したばかりの者もこの「専科」に入るが、やはり地味な印象は免れない。 林真理子『野ばら』より引用
  • タイトルの字体などには工夫がなく、地味な印象であるが、この映像は香港のVCD盤などで製品化されている。
  • 次へ »