地味な体色

10 の用例 (0.00 秒)
  • ベラ亜目の他科と比べ地味な体色の種類が多く、体は小さな円鱗で覆われる。
  • テンジクダイ科は地味な体色の仲間が多いが、本種はたいへん美しい体色である。
  • 褐色から黒色の地味な体色をした種類が多く、岩や流木の陰に潜む性質がある。
  • 雌は雄と比べると地味な体色で、全体に黄色がかった褐色である。
  • 底生性で、通常はあまり泳ぎ回ることなく海底に潜み、地味な体色を利用して砂や石に擬態する。
  • 普段はカレイやヒラメのように海底でじっとしていることが多く、地味な体色を近くの岩などの地形や、砂地に合わせ、保護色としている。
  • 広義のアシナガバエに含まれるネジレオバエ亜科と Parathalassiinae 亜科の種は、暗灰色などそれより比較的地味な体色をしている種が多い。
  • 明瞭な縦縞など比較的鮮やかな斑紋をもつ仔稚魚に対し、成魚は地味な体色であることが多い。
  • 砂底に生息するものは黄褐色-褐色の地味な体色だが、岩礁やサンゴ礁に生息するヤマドリやニシキテグリなど派手な体色の種類もいる。
  • 地味な体色のものもあるが、赤や朱色など華やかなもの、あるいは金属光沢をもつものなど、非常に派手な体色のものがあり、人目を引き、昆虫採集家の関心を引く。