地味で目立た

40 の用例 (0.00 秒)
  • 鏡の中に、もはや、あの地味で目立たない祝雅子さんは、存在しません。 火浦功『大冒険はおべんと持って <みのりちゃんシリーズ>』より引用
  • 相手は地味で目立たないこれといった取柄のない十九歳の同じ職場の娘だった。 諸井薫『男とは何か』より引用
  • しかし、重要な仕事にはちがいないが、いつもは地味で目立たないことだなあ。 星新一『声の網』より引用
  • ノットはリデルに協力して病院を創立しているが性格が地味で目立たなかった。
  • 地味で目立たない仕事ではあるが、制作進行がいなければアニメの制作は成り立たない。
  • 地味で目立たない店なので大勢の人といっしょの時は敬遠して、もっと派手な店へ行く。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 新婦側の客として招かれていた女友達の中で、自分がもっとも地味で目立たないと思っていたからだ。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • 地味で目立たない女の子だったので付き合いはなかったが、目が合って互いに驚いた顔をして挨拶を交わした。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 周囲からは、地味で目立たない人間と言われてきた。 奥田英朗『ララピポ』より引用
  • 確かに爆発力には欠けるが、地味で目立たないプレーをおろそかにしない誠実さがあった。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • ちなみに伊藤は本種を花の大きくて目立つものが多いシオン連において、地味で目立たない花の代表として挙げている。
  • 地味で目立たぬなり、どこにでもいそうな男たち。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 犬士に比べて地味で目立たないが、陰で彼らを助ける。
  • 風媒花へと進化した植物で、花は地味で目立たず、全体の姿はイネ科やカヤツリグサ科に似ている。
  • ほとんどの店の外観は地味で目立たない作りなっていて、5番街に並ぶ店舗と違い主に付近の高級住宅街に住む富裕層など限定された人々を顧客としていることがうかがえる。
  • 小百合と同様、地味で目立たなかった生徒だ。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 雷蔵には普段は地味で目立たない容姿だが、撮影時にメークをすると一変するという特徴があった。
  • この時期のオルガンはショート・オクターブもまだ用いられていた時代なので、器楽作品から地味で目立たない印象を与えることが多い。
  • また、名や象徴から受けるイメージから華やかな印象があるのだが、実物は開花中であってもとても地味で目立たないため、現地を散策し野生の本種を発見するのは難しい。
  • 同年代の男に無視されがちな、地味で目立たない若い女が、ふと優しい言葉をかけてくれた中年男に、ホロリときてしまうのだ。 柴門ふみ『恋愛の法則36』より引用
  • 次へ »