地味である

71 の用例 (0.00 秒)
  • 行動は非常に地味であり、海面から上昇する際も、音も水しぶきも立てずにゆっくり動き、海面でじっとしていることも多い。
  • 「名探偵シリーズ」4部作の第3作だが、他の3作が以下の通り話題性に富んでいるのに対し、本作ではその点が地味である。
  • それにキンカチョウ自体を見てみると美しくて派手なのはオスの方だけで、メスは全体的に地味である。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 天皇陛下でも誕生日はもう少し地味である。 野田秀樹『この人をほめよ』より引用
  • 地味であり、周囲からはエンジニアと信じられていたなど、あまりにも一般社会に溶け込んでいたことから、メキシコ内外に衝撃を与えた。
  • 雄は色鮮やかな羽色が多いが、雌は地味である。
  • 行動は非常に地味である。
  • これらはオスが子の世話をし、地味である。
  • しかし、舞台が昭和30年代となっていることや題材が地味であることに加え、当初60分程度の中編映画として企画されたために単独での全国公開は難しかったことから、制作企画会議において承認を得るまでには至らなかった。
  • 熱帯域では栽培上の問題は無いが、栄養繁殖しにくく、花も地味であるため実際に栽培されている事例は少ない。
  • 税理士だから服装も化粧も地味である。 峰隆一郎『西鹿児島発「交換殺人」特急』より引用
  • 前述のように母系が地味であることが種牡馬としてのサンデーサイレンスの評価を下げる一因となった。
  • そして、大正八年三十二歳で生涯を終るまで、多くの短篇を発表して、堅実な作風の婦人作家として、地味であるけれども確実な文学的評価をうけた。 宮本百合子『婦人と文学』より引用
  • 水草はビオトープ施設やアクアリウムでの利用が多いが、この種は地味であり、室内栽培にも向かないので利用例が少ない。
  • 姫といっても、かぐや姫は地味である。 服部真澄『清談 佛々堂先生 わらしべ長者、あるいは恋』より引用
  • 賞品が展示されていると聞いてか、見学者が三々五々入ってくるが、屋敷の宴の典雅なことと比べて、この蔵は地味である。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • 相子は鏡の中に映る地味であるが、シックな装いを確かめてから、応接室へ出た。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • シャナは初めて見る不思議ふしぎな、地味じみでありながら目の離せない、オレンジ色のひらめきを見つめていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第08巻』より引用
  • こうして極めて意欲的に制作されたものの、一方で「宇宙刑事シリーズ」から続く従来のメタルヒーローと比較して、ドラマは重厚でメカニックやキャラクターが地味であり、高年齢層やそれまでの視聴者以外からの支持を獲得したものの、視聴者の大半を占める低年齢層には受け入れられなかった。
  • 皆、とかく大仰な演技になりがちだが、清枝のそれは地味でありながら精巧であった。 岩井志麻子『合意情死 がふいしんぢゆう』より引用
  • 次へ »

地味である の使われ方