地名の由来

751 の用例 (0.00 秒)
  • 酒泉の地名の由来となった泉は、鐘楼からすぐ近くの公園の中にあった。
  • ベザーノの地名の由来ははっきりしないが、二つの説があげられている。
  • これが地名の由来であるという説もあり、港には上陸の碑が建っている。
  • これはかつての水路の跡であり、羽沢の地名の由来とも考えられている。
  • 地名の由来は、大阪中の花街を集めて一つの新しい町にしたことから。
  • 地名の由来は、ヴォルガ川が大きく湾曲する角にあるからと考えられる。
  • 駅前には「羽犬塚」の地名の由来とされる羽の生えた犬の銅像があった。
  • 駅は、祇園という地名の由来にもなった安神社の裏手に設置されていた。
  • 地名の由来は、中世に周辺一帯に存在したとされる荘園の万寿庄である。
  • そのうちラゼ川は昔はパランガ川と呼ばれ、それが地名の由来になった。
  • また旧依羅村に属していた各地域の地名の由来は、以下の通りとなっている。
  • 地名の由来は、ある武士の馬がこの付近で足を骨折したためといわれている。
  • 地名の由来は、弥生時代の遺跡がいくつか見られることによっている。
  • 地名の由来は二説あり、ひとつは奈良時代に創建された龍華寺によるもの。
  • この寺については、「経堂」という地名の由来とする説が伝わっている。
  • 「長崎」という地名の由来は次のように長崎氏よりといわれている。
  • 地名の由来は、古代に鏡作部がいたことからと言い伝えられている。
  • 地名の由来は江戸時代中期の新田開発によって成立した地であることによる。
  • 鶴田町は、江戸時代、数多くの鶴が飛来したのが地名の由来と言われる。
  • 地名の由来は、前が川に面するという地形からの名称といわれている。
  • 次へ »